医学部受験における欠席日数の影響はあるのか?

 

 

 

 

大学受験における欠席日数

 

関係があるかないかについでですが、

 

推薦入試では面接があるので

 

欠席日数は影響すると考えれれます。

 

 

 

ですが、一般入試で受験される学生に関しては

 

欠席日数は特に関係しないようです。

 

 

 

しかし、一部の大学・学部では

 

面接を行っているところもあるので、

 

その際は受験生の調査書が影響してくるので

 

欠席日数が影響してきます。

 

 

 

 

例えば、医学部の入試では面接がありますので、

 

その際は高校の調査書を参考にします。

 

大学側は、受験生の欠席日数に関しては

 

極端に多ければ気にします。

 

その際は欠席日数が多い理由について

 

質問される可能性があるかもしれません。

 

 

 

医学部は将来の医師となる人間を

 

育成していく場であるので、

 

受験生が実際の現場でも適応出来るような

 

肉体でなければハードな環境についていけません。

 

 

 

 

欠席日数が多ければ肉体的に弱いだとか、

 

気持ち的に弱いのかと思ってしまいますので

 

受験生の欠席日数は極力少ない方が良いです。

 

 

 

 

だからといって欠席日数の多い受験生は

 

医学部入試を合格出来ないわけではありません。

 

もし聞かれたならば、

 

「以前はそうであったけど現在は違う」

 

伝わるような答え方をしましょう。

 

 

 

 

また、病的なもので欠席日数が多かったのであれば、

 

その病名についても改善している事を

 

前提に伝えておくと良いでしょう。

 

 

 

医学部の教員が面接官であるので、

 

病気の症状については理解を得られる場合もあります。

 

 

 

欠席日数云々の前に、

 

医学部の面接を受けられる受験生が

 

意識すべき点があります。

 

 

医学部の面接で見ているのは

 

受験生のコミュニケーション能力です。

 

人と関わる仕事で、患者とのコミュニケーションも

 

円滑に出来なければいけません。

 

 

 

コミュニケーション能力を含め、

 

受験生の人間性を重視すると思いますので、

 

欠席日数は少ないに越した事はないでしょう。


TOPへ