高校受験の面接はこう乗り切る!

 

 

 

 

 

小学校、中学校の受験を経験してこず、

 

高校受験で面接をはじめて経験するという方も

 

多いのではないでしょうか。

 

 

 

高校受験の面接はどんなことをするのでしょう。

 

今回は高校受験の面接についてまとめてみました。

 

 

 

 

1.高校受験の面接はどんなふうに行われる?

 

 

面接の形式はさまざまですが、ここでは一般的に多い

 

『個人面接』『グループ面接』についてご紹介します。

 

 

 

個人面接は受験生と面接官が対面で面接をします。

 

ふつう、受験生と面接官は机を挟んで向かい合う形になります。

 

 

 

グループ面接では4,5人の受験生と面接官で

 

行われることが多いようです。

 

高校受験の面接も多様化してきており、

 

グループ面接ではグループ内で討論を行わせたりすることもあるようです。

 

面接の形態については志望校の情報を調べてみましょう。

 

 

 

 

2.高校受験、面接官はこんなところを見ている

 

 

高校受験の面接で一番重要視されるポイントは

 

「その学校に行きたいかどうか」ということです。

 

面接の際は志望理由をしっかりと伝えるようにしましょう。

 

また、服装や言葉遣いなどもチェックされるところです。

 

 

 

 

3.高校受験での面接のコツ

 

 

言葉遣いは丁寧に、面接官の目をみながらゆっくり、

 

はっきりと喋るように心がけましょう。

 

面接の際は緊張して早口になってしまいがちです。

 

相手に伝えることを心がけて喋ります。

 

 

 

先に挙げたポイントはしっかり押さえましょう。

 

服装や言葉遣いなどは中学校で指導してもらいます。

 

 

 

また、中学校で高校受験の面接の模擬練習をしていることがあります。

 

中学校の先生も先輩たちから毎年高校受験の面接の質問内容や

 

質問の様子を聞いて模擬面接を行っていますので、

 

もし通っている中学校で模擬面接があれば受けるようにしましょう。

 

 

 

以上のポイントを押さえて高校受験の面接をしっかり乗り切りましょう!


TOPへ