必見!頭がよくなる方法!?

 

 

 

 

 

白紙のテストを前にどうやったら頭が良くなるんだろうと

 

頭を抱えてしまったことはありませんか?

 

頭が良くなる方法を教えてくれるなら教えてほしい!

 

そんなあなたのために、今すぐ役に立つかわかりませんが、

 

頭が良くなる方法を考えてみました。

 

 

 

 

頭の良い人と言われて思い浮かべるのはどんな人でしょうか。

 

テストでいい点を取る人?それともいろんなことを知っている人?

 

素晴らしい発明をする人?それともどれも兼ね備えている人でしょうか。

 

いくつかの種類の『頭がいい』と言われる人たちが

 

自然と実行しているのはこんなことだったのです。

 

 

 

 

頭が良くなる方法その1.本を読む

 

 

本を読むことは知識を得ることです。

 

断片的で役に立たないような知識でも、

 

たくさんの本を読んでそれらの知識がつながったとき、

 

実は素晴らしいものを手にしていたことに気づくはずです。

 

ただし、知識をたくわえているだけでは頭がいいとはいえません

 

 

 

 

頭が良くなる方法その2.疑問を持つ

 

 

なにかを疑うことは知への第一歩です。

 

たくわえた知識を疑ってみましょう。

 

本当に地球は太陽の周りを回っているのでしょうか。

 

本当に1日は24時間なのでしょうか。

 

 

 

 

頭が良くなる方法その3.調べる

 

 

疑問が出たら調べてるくせをつけること。

 

辞書を引くこともですし、インターネットで検索することで

 

疑問が解決することもあるでしょう。

 

 

また1に立ち返って、疑問に答えてくれそうな

 

本を読んでみてもいいですよね。周囲の人に聞くことも大切です。

 

周囲の人に問題を提示し、尋ねるというコミュニケーション能力

 

頭がよくなる方法のひとつです。

 

 

 

 

頭が良くなる方法その4.自分の考えをまとめる

 

 

 

調べたことをまとめてみましょう。まとめてみることによって

 

新たな問題点が浮かんでくるかもしれません。

 

 

 

 

頭が良くなる方法その5.ウォーキング

 

 

 

本当にこれで頭が良くなるの?と思うかもしれません。

 

ですが、体内の血行がよくなり、脳の血流がよくなることによって、

 

脳が活性化されるので、実はウォーキングはとても

 

理にかなっているのです。

 

考え事をしながら歩いているといいアイデアが

 

浮かぶのはこのためかもしれません。

 

 

 

 

頭が良くなる方法その6.さまざまなことに興味を持つ

 

 

自分の世界を広げ、出来ることやできないことを

 

知っていくことはとても大切なことです。

 

出来ないことを出来るようにするために工夫や努力をする中で、

 

様々な能力が身についていきます。

 

 

 

 

頭がよくなる方法を一概にまとめることはできませんが、

 

視野を広く持ち、様々なことを考えることで

 

いわゆる『頭の良い人』は出来上がっていくのではないかと思います。


TOPへ