社会人が注目!子供の記憶力を良くする方法

記憶力, 良くする方法

 

 

 

 

社会人になって大抵の方が痛感するものとして、

 

「昔に比べて最近は記憶力が落ちたな」

 

と感じている方はたくさんいらっしゃると思います。

 

そんな自分の記憶力を良くする方法はないかなと思い、

 

記憶力に関係する書籍を探したり、

 

ネットで「記憶力を良くする方法」

 

等と検索する方も多いのではないかと思います。

 

 

 

 

何にしても、記憶力が低下するのは仕事上でも、

 

新たに資格を取得するためにも障害になってしまいます。

 

そんな鈍った脳みそを良くする方法はと言いますと...

 

 

そもそも記憶力が落ちたなと思うのではなく

 

「人間は忘れる生き物」だと自覚する事が

 

重要になるのではないかと思います。

 

 

 

鈍った脳みそを良くする方法云々ではなく、

 

まずは人間そのものが忘れるように出来ていると自覚してください。

 

 

 

科学的に「昔は良かったのに現在は...」などというような、

 

人間の加齢による記憶力低下などという直接の連動性はないようです。

 

 

 

実は、記憶力を良くする方法は単純なのです。

 

ここで思い返して頂きたいのですが、

 

皆さんが幼稚園、小学校低学年の頃は、

 

大人になった今のような知識も経験も常識もありませんでしたよね?

 

 

だからこそ、小さな子供は大人になっていくために

 

覚える事がたくさんあったはずです。

 

 

 

ですが、大人になった現在では、

 

仕事以外で覚える事や学ぶ事が

 

明らかに減ってきていると思いませんか?

 

それこそが記憶力低下の原因であり、

 

決して年齢が原因ではないのです。

 

 

 

意外にも記憶力を良くする方法は

 

子供が日常的に行っている事から学べます。

 

 

 

子供は予習復習、テストに向けて

 

一度学んだ事を繰り返し勉強していますよね?

 

つまり、大人になった社会人が記憶力を良くする方法は

 

単純に覚えるまで繰り返す事が重要なのです。

 

 

 

子供が一番、記憶力を良くする方法を知っていたのですね。

 

 

大人になった今でも、

 

常に学んだ事や経験した事を

 

思い返す癖をつけると良いかもしれませんね。

 

 

 

例えば、昨日、一昨日の晩御飯は何を食べたのか

 

思い返すなんて事もやってみると良いと思います。

 

案外、昨日食べたものすら覚えてないことが多いと思います。

 

 

 

 

記憶力を良くする方法は

 

そうやって日常的な事からやっていくとで

 

脳みそも鍛えれれていくのだと思います。

 

 

 

学生の受験勉強にしろ、社会人の資格取りにしても、

 

学んだ事に関しては一度だけの学習ではなく、

 

それを何度か繰り返し勉強していけるような

 

学習計画を作るべきでしょう。

 

 

 

記憶力を良くする方法としては

 

学習計画が大切です。

 

 

具体的には、

 

昨日勉強した内容を、明日になって再度覚えているのかを確認する。

 

そして、確認が終わったら新たな学習をする。

 

その次の日もまた同じように

 

初日に勉強した内容を確認し、

 

二日目の内容も確認する。

 

そして本日の学習をするといった作業をする。

 

 

その次の日も初日に勉強した内容を確認し、

 

二日目の内容、三日目の内容の確認をし、

 

本日の学習をする。その次の日も同じ作業を繰り返す。

 

 

 

ある程度記憶が定着したら、

 

最初の方で学習した内容は

 

定期的に確認するだけで良いと思います。

 

 

 

それが記憶力を良くする方法であり、

 

学習した内容を絶対に忘れないようにする

 

秘訣だと思います。

 

 

 

 

記憶力を良くする方法はテクニックではなく、

 

単純に繰り返しの作業だという事です。

 

もちろん記憶に定着しやすくなる方法はありますが、

 

基本的な作業は繰り返しです。


TOPへ