寝ることも勉強の一部?記憶と睡眠の特別な関係とは!?

記憶, 睡眠

 

 

 

 

受験勉強において、

 

寝る暇がないくらい勉強で忙しく、

 

余裕のない学生さんは

 

「寝てる暇があるくらいなら起きて勉強をしていたい」

 

と思ってる学生さんもいるのかもしれませんね。

 

 

 

しかし、記憶睡眠はとても重要な関係性があり、

 

睡眠時間を全くとらない人よりも

 

睡眠時間を適切にとってる人の方が

 

記憶の定着率は高いのです。

 

 

 

 

科学的に、人間は睡眠をとる事で、

 

起きていた時の記憶の情報を取捨選択をし、

 

頭の整理整頓をしているようです。

 

 

 

「寝る子は育つ」という言葉があるように、

 

睡眠時間をしっかりとっている子供は

 

記憶力が良かったりするのでしょう。

 

 

 

どちらにしても、睡眠時間が全くないような人は

 

精神的にもおかしくなってしまいますから

 

勉強どころの話ではないですね。

 

 

 

 

確かに、私の体験談として、

 

中学生くらいの頃にテスト勉強を全くしてなく、

 

直前になって一切睡眠を取らずに

 

勉強をしたけど案外忘れていたりして

 

大した結果が残せなかったなんて事はありました。

 

 

 

そして頭がぼーっとして

 

集中出来なかった気がします。

 

 

集中出来ないのも、頭の整理整頓が

 

出来ていないからなのかもしれません。

 

それは仕事の時でも同じ事が言えますね。

 

 

 

この睡眠のメカニズムをうまく活用した

 

記憶の勉強術があるようで、

 

寝る前と起床直後の時間帯では

 

睡眠の学習効果を得られやすいるようです。

 

 

 

 

我々が起きていた時の記憶の情報を、

 

睡眠中に情報整理を行っているのですから、

 

寝る前に学習をし、

 

起床直後に勉強した内容を復習すれば

 

記憶の定着率は非常に良いはずです。

 

 

 

寝る前に記憶したい情報を詰め込み、

 

睡眠中にそれが整理整頓され、

 

朝にはスッキリした状態で

 

記憶を呼び起こす事が出来そうですよね。

 

 

 

根性論や精神論のように、寝る暇を削り、

 

たくさん勉強したからといって成果があるわけでなく、

 

たくさん勉強した内容を

 

しっかり記憶として残すためにも

 

適切に睡眠時間を取る事が大切なのです。


TOPへ