受験というシステム上,受験者は,一部の例外を除いて必ず合格者と不合格者に別れます。そうするために受験はあるともいえます。誰かが不合格者になるのですから,受験を控えて失敗を恐れない者などそうはいないでしょう。でも,何をもって失敗というのでしょ...

TOPへ