高校受験は内申書で決まる!

 

 

 

高校受験は内申書で決まる!

 

 

 

中学に入学し、高校受験を視野に入れ始めると、内申書

 

と言う言葉をよく耳にします。内申書は高校受験におい

 

てどのような位置づけなのでしょうか。

 

 

 

 

内申書は調査書とも呼ばれ、学校の成績の他、課外活動

 

や普段の授業態度、出欠日数などが書かれた、いわば

 

中学校生活のすべてを記した書類です。

 

 

 

 

高校受験の際、中学校から高校へ提出する書類のひとつ

 

となります。

 

 

 

受験では内申点が重視される

 

 

 

高校受験では内申書に書かれた成績を重視します。いわ

 

ゆる内申点というものです。地域によって計算方法が異

 

なるため、内申書の点数の出し方に関しては通っている

 

中学校の先生に聞くのが一番でしょう。

 

 

 

 

さて、これもまた地域で異なるのですが、高校受験の際、

 

特に公立高校へ進学する場合は内申書の内容が非常に重

 

要視されます。都道府県によっては、内申書の内容が50

 

%、当日の試験の内容が50%というところもあるようです。

 

 

 

 

つまり、高校受験ではいくら試験で良い点数をとったと

 

しても内申書の点数が低ければ、同じ点数をとった内申

 

書の点数の高い生徒を合格する仕組みになっているのです。

 

 

 

 

内申書の点数アップを目指すことは大事

 

 

 

高校受験では、内申書の点数は通知表をもとにした内申

 

点の他に、中学校在学中に取った資格なども加算される

 

場合があります。特に私立高校受験の際は英検漢検

 

どが高く加点されるので、取得できるようなら取得して

 

おきましょう。

 

 

 

 

これは高校によって違うため、志望校を決めはじめた中

 

学2年生ごろに志望校の情報を確認するようにしましょう。

 

 

 

 

高校受験に備えて内申書の点数を上げるためにはどうす

 

ればよいでしょうか。

 

課外活動、部活や学内の委員会、生徒会などの活動も内

 

申書に書かれるため、これらの活動はできる範囲でして

 

おいた方がよいでしょう。

 

 

 

 

また、内申点はテストの点だけでなく、授業態度や提出

 

物をきちんとだしているかなど、ふだんの生活内容でも

 

左右されます。

 

 

 

 

 

つまり、高校受験ではきちんと学校生活を送れるかどう

 

かということが重要視されるのです。これらを踏まえ、

 

一年生のときからきちんとした学校生活を送ることが内

 

申点アップの鍵といえるでしょう。

TOPへ