調査書は大学受験でどう扱われるの?

 

 

 

 

高校受験の時は重要視されていた内申書(呼び方は地域

 

によって異なります)。高校ではこれが調査書というも

 

のに変わりますが、大学受験に調査書はどのようにかか

 

わってくるのでしょうか。

 

 

 

調査書には内申書と同じように学業成績や課外活動の内

 

容が書かれています。

 

 

 

また、学業成績の目安として評定平均値という値が記入

 

されています。これは受験の際、大学側が判定する際に

 

主に用いる数値となります。

 

 

 

 

とくに、指定校推薦で受験する場合など、調査書に書か

 

れた評定平均が基準値を満たしていないと出願できない

 

場合があります。注意しましょう。

 

 

 

推薦入試では特に調査書は重視される

 

 

 

推薦入試の受験時にも調査書の内容は重視されます。大

 

学側は前述の評定平均値のほか、課外活動や、取得した

 

資格(英検やTOEICなど)、研究発表の内容などをチェ

 

ックします。

 

 

 

 

一般入試を受験する際にも、調査書は重要になってきま

 

す。調査書にどの程度の比重が置かれているかは学校に

 

よって違います。

 

 

 

 

多くの学校では受験時の調査書の扱いについて公表して

 

いませんが『総合的に判断する』となっていることが多

 

いようです。この場合、たとえば受験生のセンター試験

 

と個別試験の点数が同じだとすると、調査書の内容がよ

 

い生徒を合格させるというふうな扱いになります。

 

 

 

 

調査書の内容、評定平均値などは受験前に高校が教えて

 

くれることが多いようです。

 

 

 

 

指定校推薦や推薦入試を考えている場合は調査書の内容

 

がよくなるよう、日ごろの授業態度や定期テストの点に

 

注意しましょう。

 

 

 

 

一般入試を受験する場合も、比率が低いとはいえ調査書

 

の内容を見られないわけではありません。受験時に少し

 

でも有利となるよう気を付けなければいけません。


TOPへ