受験に化粧は必要か?

 

 

 

 

 

 

インターネットの質問サイトを見ていると、

 

「受験に化粧をして行っていいのか」「ピアスはどうしたらいいのか」

 

という質問が出ていてビックリしました。

 

 

 

私の年代(40代)で地方出身だと、高校生の化粧

 

考えられないことだったので、このような質問自体ありえません。

 

 

いまどきの高校生は化粧が当たり前なのかもしれませんね。

 

 

 

 

しかし、現役で大学を受験する高校生は、

 

化粧をする必要はないと思います。

 

受験の際、特に制服の場合は、化粧は似合わないと思います。

 

 

 

確かに身だしなみは必要ですが、化粧での身だしなみではなく、

 

清潔感のあるさわやかなイメージで受験した方が好感が持たれます。

 

 

 

化粧品は香料が強いものもありますので、

 

他の受験生への配慮も必要です。

 

 

 

願書に証明写真が必要な場合は、受験当日の印象と

 

同じイメージで撮影した方がいいと思います。

 

 

本人確認のため、写真と見比べられるからです。

 

髪の色や、化粧でイメージが変わっていると

 

担当の方が、戸惑われるかもしれません。

 

 

 

面接がある場合は、とにかく顔立ちがはっきりわかるような髪型、

 

どうしても化粧をするなら薄化粧で臨むのがいいでしょう。

 

 

 

高校生だけが受験をするわけではなく、社会人も浪人生もいます。

 

大人になって専門学校の受験をする場合もあるでしょう。

 

美容関係の学校は化粧の仕方やセンスなどが、

 

面接のポイントになるかもしれません。

 

 

しかし、あくまでも受験なので化粧を見られているわけではありません。

 

 

化粧でアピールするのではなく、はきはきとした返事や話し方で

 

受験に臨んでください。


TOPへ