クラッシックは勉強には最高なんです!

 

 

 

 

 

クラッシックは勉強には最高!

 

 

 

勉強していて集中力を高めるにはクラッシック

 

小さめに流しておくことがいいと言われています。

 

 

 

勉強しているときに無音は意外と良くないという

 

アンケート結果も出ています。

 

 

 

もちろんクラックでも自分の気に入らないものは

 

避けなければ、逆に勉強の時間がストレスになって

 

しまいます。

 

 

 

しかしバックミュージックとしてクラッシックを

 

流す分には、あまり好き嫌いは関係ないかも

 

しれません。

 

 

 

集中力を高める勉強中に流すといいクラッシックは

 

やっぱりモーツァルトということも研究発表

 

されています。

 

 

 

京都大学とハーバード大学の共同研究の結果でも、

 

協和音のモーツァルトがクラッシックの中でも

 

抜群の集中力アップが見られ、勉強にも最適だと

 

発表されたのです。

 

 

 

クラッシックは協和音が多く、その協和音が脳の

 

認識機能を高めるという結果も出ています。

 

 

 

そのために勉強中にクラッシックを聴くのは

 

とてもいいことであり、特に協和音の多い

 

クラッシックならモーツァルトだということに

 

なるのです。

 

 

 

例えばロックなどは不調和音が多いので逆に

 

認識機能は落ちてしまい注意散漫になるという

 

ことも分っているようです。

 

 

 

やっぱり勉強にはロックは合わないようですね。

 

ただし好きな音楽を聴いていると嫌いな勉強も

 

少しは好きになれるという人がいます。

 

 

 

勉強が嫌いな人はいくらクラッシックを聴いても

 

勉強が好きにはなれません。好きな曲を聞いていると、

 

それだけで幸福感を感じることもあります。

 

 

 

そうすると嫌いな勉強時間が少し幸福感になったり

 

します。

 

 

 

それは人によってクラッシックを聴くより効果が

 

あるかもしれませんね。

 

 

 

でも一般的には勉強にはクラッシックが最高に

 

おすすめということのようです。


TOPへ