勉強がうまくいかないときの対策

 

 

 

 

 

 

勉強がうまくいかないと感じるときは、

 

集中がでいないときが多いようです。

 

 

 

うまくいかないということは、気分が乗らないと

 

いうことでもあるのです。

 

 

 

どうしても他のことが頭に浮かぶときなども勉強が

 

うまくいかないと感じます。

 

 

 

でもそれも結局は集中ができないために勉強が

 

うまくいかないと感じるわけですね。

 

 

 

つまり、うまくいかないと感じるときは集中力が

 

ないときなのです。

 

 

 

そこで勉強中に集中力を付けるためのテクニック

 

を考えていきましょう。

 

 

 

まずアロマを使って勉強がうまくいかない最大の

 

原因の集中力を付けるようにします。

 

 

 

勉強がうまくいかないと感じた場合はユーカリ、

 

ペパーミント、スイートマジョラム、ローズマリー

 

などがおすすめです。

 

 

 

頭脳明晰になる香りとも言われていて、勉強がうまく

 

いかないときにはピッタリの香りです。

 

 

 

また勉強がうまく行かないと感じたときには、

 

ビシッとした仕切がいまひとつできてない場合も

 

あります。

 

 

 

頭に刺激を与えるために、スカッとした香りが

 

おすすめです。

 

 

 

ユーカリやペパーミントはその香りで鼻も

 

通るほどのスカッとした効果があります。

 

 

 

また固いものをガリガリ噛むというのも脳に

 

刺激を与えて勉強がうまくいかないときに

 

脳をピシッと目覚めさせてくれます。

 

 

 

キャンディーなどを噛むと歯にも悪く糖分

 

摂りすぎにもなるので、固いおせんべいが

 

おすすめです。

 

 

 

揚げたおせんべい程度の固さではなく、

 

もっと相当固いものにしましょう。

 

 

 

勉強のとき用に固いおせんべいを見つけて

 

おくといいのではないでしょうか。

 

 

 

量はせいぜい1枚か半分でOKです。

 

噛むということは頭の近くで音を出すことで

 

刺激を与えることがで、勉強がうまくいかない

 

と感じたときに試してみてください。

 

 

 

気分も転換でき頭もすっきり勉強をする

 

モードに切り替わります。


TOPへ