中級者向け勉強法 音楽の活用

 

 

 

 

 

勉強には大好きな音楽を

 

 

 

勉強は辛いもの、苦しいもの、つまらないもの

 

というイメージです。

 

 

 

こんな勉強のイメージを少しでも軽くするのが

 

音楽なのです。

 

 

 

モーツァルトなどのクラッシックを聴きながら

 

勉強すると集中力がアップすると言われています。

 

 

 

確かに勉強には集中力などが必要であり、

 

そういう観点から音楽を選ぶことも勉強を

 

はかどらせる1つの鍵ですね。

 

 

 

でも、観点をちょっと変えると、自分の大好きな

 

音楽や、自分が幸福感に満たされる音楽なら

 

ハードロックだっていいのではないでしょうか。

 

 

 

もちろんそれによって集中ができないなら

 

困りますが、勉強をしていてとても楽しく、

 

頭にどんどん勉強が入っていくならその音楽も

 

その人にとっては勉強に向いている音楽なの

 

だと思います。

 

 

 

好きな音楽を聴いて集中できないということは

 

聞いたことがありません

 

 

 

特に強烈に好きな音楽を持っている人ほど、

 

その音楽を聴くと調子が乗ってきて勉強でも

 

いい感じにできる場合もあります。

 

 

 

勉強だって乗らない気持でやっても意味

 

ないですね。

 

 

 

それよりガンガン音楽を聴いていてもしっかり

 

集中できればそれも1つの方法ではない

 

でしょうか。

 

 

 

音楽には大きく分けていくつかあります。

 

クラッシック、ハードロック、ロック、

 

歌謡曲などいろいろあります。

 

 

 

例えば勉強中はスピリチュアル音楽のような

 

ものは眠くなるので不向きと言われます。

 

 

 

でも、人によってはスピリチュアル音楽を

 

聴くと妙にスムーズに頭が動くということも

 

あります。

 

 

 

やっぱり勉強のときに流す音楽はその人によって、

 

まったく違ってもいいということはないでしょうか。


TOPへ