勉強の結果がでないのは勉強の粗さが原因

 

 

 

 

 

勉強をしているのに結果がでないこともあります。
まず勉強の結果というと試験などのことが気になります。

 

 

勉強したのに結果が出ないということは、勉強がとても粗い
とも言えますね。

 

 

結果を出すならもう少しキメの細かい勉強をした方がいいの
ではないでしょうか。

 

 

よく、テストの当てが外れたということを言いますが、
これは勉強しているところが粗いために、テストに出る
部分を予見しているわけです。

 

 

当れば結果が本来の勉強以上のものがでますし、当らなければ
勉強してもなかなか結果が出ないということになります。

 

 

でもテストに出るところを予見することが上手でも、それは実力
ではありません。

 

 

いつかボロが出てしまいます。勉強の結果を出すには、
どこからテストが出てもいいように、そして予見など必要ない
ようにキメの細かい勉強をしておくことです。

 

 

でも勉強の内容も多くなると、なかなか結果が出るまでキメの
細かい勉強は大変です。

 

 

そこで毎日その日の勉強の復習をきちんとしてその日のうちに
理解をしておくことが大切なのです。

 

 

勉強の方法として、毎日積み上げておくとキメの細かい勉強が
自然にできるので結果も出てくるようになります。

 

 

勉強の結果が出ないという人の中にはやっぱり試験の前の
一夜漬けやそれに近い勉強の仕方の人が多いようです。
そのタイプの勉強の仕方では結果が出ることが偶然だと
考えましょう。

 

 

結果とは試験だけではありません。
その先にある受験なども勉強の結果です。

 

 

そしてその先には社会にでたときに今までのように勉強の結果が
試験というのではない違ったかたちで結果が出てくるのではない
でしょうか。


TOPへ