中学受験について考える

 

 

 

 

 

 

特に首都圏は中学から私立に入れるという希望を
もった親がとても多くなっています。

 

 

 

もちろんそれには私立中学のメリット、公立中学の
デメリットを感じている親が多いことももちろんですが、
数の力も影響しているようです。

 

 

 

つまりどうしても中学受験をするのが良いといいう
ような空気が、受験数を高めているということです。

 

 

 

しかし、最近では私立中学のメリットが、公立中学でも
あるということで、人気が出ているのが中高一貫の
公立中学です。

 

 

 

もちろん高い人気のために、結局倍率が恐ろしい数となり、
結局私立中学を目標として、塾でしっかり勉強をした子どもが、
多く合格していることも事実です。

 

 

 

ただ試験の内容的には、塾に行かなくてもできる内容で
あるので、塾に行ってない子どもでも頑張れば合格できます。

 

 

 

中学の場合、どうしても一度私立に入ってしまえば高校受験
がないということがメリットです。
そして中高大一貫の学校でも大学まで、そこに入りたいと
いうのは有名私立大学付属だけです。

 

 

 

あとの学校の場合は、中高で一貫教育をし、そこで人気大学に
受験するということがほとんどです。
そのために中高一貫で受験に特化した学校が人気があり、
偏差値も高くなっています。

 

 

 

地方では、中学は公立というのが当然の空気があり、
高校受験で頑張るということが多いようです。
そういう意味では首都圏にはそれに殉じた塾などもたくさん
存在していることも事実です。

 

 

 

地方になると中学受験のための塾は、県庁所在地の中心に
ある程度だったりします。都心の中学受験は必死である反面、
試しに受けるという子どもも多いのも事実です。


TOPへ