受験勉強のための夜食で太ってしまわない為に注意すべきこと

 

 

 

 

 

 

受験勉強というと夜遅くまで勉強することもあり、
親としては少しでも栄養価の高い、美味しい夜食
食べさせてあげたくなります。

 

 

 

 

でも、やはり夜食べるものなので注意が必要です。
まず甘い物や脂の強いスナックなどは、運動せずに
夜中に食べるようなものなので、肥満になってしまいます。

 

もちろん健康にもよくないことになります。

 

 

 

 

またよく、うどんなどはさっぱりしていて腹持ちが
いいといわれていますが、ガッツリしているものは
やはり厳禁です。

 

 

 

 

やはり胃の中のものが消化されるのには、最低でも
2時間はかかります。

 

 

 

 

逆算して寝る時間から2時間前までに夜食であっても
食べ終わるようにしましょう。そしてあまりガッツリ
した夜食では、次の日の食欲がなくなり、次の日の午前中
頭の回転が悪くなります。

 

 

 

 

あくまでも受験勉強のためと言っても夜食は軽くして、
基本は3食であり4食にならないようにしなければ
なりません。

 

 

 

 

受験で太ってしまう子どもはけっこういるものです。
そのパターンとしては受験を受ける頃にはちょっと太りだし、
学校に通うようになった頃にはどんどん太っていくと
いうふうに、少し遅れて肥満症状が出てくる場合もあります。

 

 

 

 

つまり夜食をガッツリ食べても、すぐに肥満に現れない
こともあるので、安心して食べてしまうこともあります。

 

 

 

 

少し後から、今度は痩せにくくなって、どんどん太ると
いうことになってしまいます。

 

特に夜遅くの食べ物は、肥満には最悪の時間帯なのです。

 

 

 

 

そこで夜食は温めた牛乳に少しハチミツを入れる程度に
しましょう。

 

もしどうしても空腹というときには、寒天やコンニャク
上手に使って空腹を抑えるようにしましょう。


TOPへ