指定校推薦のいくつかの問題点とは?

 

 

 

 

 

大学受験には指定校推薦という制度があります。

 

これは、高校から推薦された生徒が、

 

高校内での選抜を経て大学側から与えられた

 

推薦枠に入学するという制度です。

 

 

 

指定校推薦の場合、多くは試験が免除されており、

 

面接や書類選考などによって選抜されることになります。

 

 

 

 

指定校推薦の条件は学校によってさまざまですが、

 

多くは評定平均値がその選考の基準となってきます。

 

評定平均値は中間・期末考査をクリアし、

 

遅刻・欠席・早退が少ないなど、高校での生活態度、

 

成績がよい生徒が高い値がつけられます。

 

 

 

もし、指定校推薦での大学進学を考えているなら、

 

一年次から高校生活に力を入れるに越したことはありません。

 

 

 

 

指定校推薦には否定的な意見もあります。

 

というのも一般入試で入学した学生とくらべると、

 

指定校推薦で入学した学生は学力が低いことが多いのです。

 

 

 

早い段階で指定校推薦での入学が決まってしまうと、

 

勉強をしなくなる生徒が出てくることがあり、

 

一般入試の試験日まで勉強をしていた生徒と

 

比べるとどうしても学力の差が出てしまうのです。

 

 

 

このため、指定校推薦で入学する生徒に対して

 

入学までに課題を与え、その学力差を埋めるように

 

している大学もあるようです。

 

 

 

 

指定校推薦は学校間での信頼で成り立っている部分が大きく、

 

指定校推薦で合格したにも関わらず入学を辞退すると、

 

次年度から後輩たちが指定校推薦を受けにくくなることもあるようです。


TOPへ