特待生制度と推薦入学の違い

 

 

 

 

 

 

 

入試試験には特待性制度推薦入学などがあります。

 

どちらも同じような制度と思っている人も多いようですが、

 

実はちょっと意味が違うので、その違いをご紹介しましょう。

 

 

 

 

まず特待性制度ですが、特に学業やスポーツにおいて学生時代の

 

成績や実績をもとにして、試験を免除されたり別枠の試験で

 

合格することができます。

 

 

 

 

また特待性制度は特待性を特別待遇するシステムで学費の

 

免除などがあり、そしてその特待性制度には特待性を選ぶための

 

特待生試験がある場合も。

 

 

 

 

しかしほとんどの大学では、入試試験の上位数人が特待生と認められ、

 

授業料などを免除されることになるのです。

 

つまり大学に入ってから授業料を免除されたいなら、

 

優秀な入試試験成績を出すことが重要となります。

 

 

 

 

また推薦入学の場合は指定校制推薦と公募制一般推薦があり、

 

公募制一般推薦にはスポーツや文化活動における評価おものと

 

成績で決めるものの2種類の合計3つのタイプがあるのです。

 

 

 

 

まず指定校制推薦とは、大学が指定した高校生のみ対応する入試法です。

 

指定校では勉強や部活などの成績によって高校内で選考が行われ、

 

受験した場合は限りなく100%に近い合格率とも言われています。

 

 

 

 

また公募制一般推薦の場合は大学からの出願資格条件を満たすこと。

 

高校の校長からの推薦を受けて受験ができます。

 

評定平均値が決まっていることが多く、確実に合格とは言い切れません。

 

 

 

 

また同じ公募制特別推薦でスポーツや文化活動の実績などがある

 

場合の入試方法も。

 

評定平均値はあまり決まっておらず、活動の評価が中心となって

 

合格が決まるタイプです。

 

 

 


TOPへ