受験で睡眠時間を削るこは間違いだと気づくこと

 

 

 

 

受験で睡眠時間を削るこは

 

間違いだと気づくこと

 

 

 

 

 

「受験なのに、そんなに寝ていられるかい? 睡眠時間

 

は3時間もあれば十分!」

 

 

と、受験を目前に控えた友人は、学校で“睡眠時間”を

 

確保していました。

 

 

 

 

 

 

寝ているヒマがあったら勉強しなくちゃ。

 

ああ眠い。でもあいつはまだ勉強しているだろう。負け

 

るもんか。

 

 

 

 

 

受験の時期は、寝ることに罪悪感を覚えたり、眠ること

 

を憎々しく思うかもしれません。ライバルの睡眠時間が

 

気になったり、24時間フルに勉強できたらと願ったり…

 

…。

 

 

Sleeping CatSleeping Cat / carianoff

 

 

 

 

よく眠ること、すなわち睡眠時間を確保することが、受

 

験では大切です。

 

 

 

 

 

 

睡眠時間を確保すると、受験に関しては、次のようなプ

 

ラス効果が得られると言われています。

 

 

 

 


 ・記憶が身につく
 ・集中力がアップ
 ・思考力もアップ
 ・体の疲れが取れる
 ・気持ちが落ち着く

 

 

 

 

そう、眠ることは受験の敵ではなく、むしろ受験の味方

 

で、効率的に勉強するための「必修科目」なのです。

 

 

 

 

 

 

では、睡眠時間のめやすですが、これは個人差があって、

 

少ない睡眠時間ですむ人もいれば、たっぷりの人もいる

 

でしょう。睡眠の質も関係すると思います。深く眠れれ

 

ば、わずかな睡眠時間でも受験に支障をきたすことはな

 

いでしょう。

 

 

 


Sleeping Cat / Ella Mullins

 

 

 

受験の時期は、成長期と重なりますから、睡眠時間を削

 

ることは好ましくありません。

 

 

 

 

 

ちなみに筆者が遠いむかしに受験したころ、睡眠時間は

 

7時間ほどでした。

TOPへ