お菓子は受験勉強の脳にしっかり届けよう

 

 

 

 

 

 

受験生ってお菓子がとても食べたくなるんです。

 

どうしてかというと、受験って頭を使うし、

 

精神的にもイライラします。

 

 

 

そこで脳への栄養が欲しいという

 

体の要求でお菓子が食べたくなります。

 

 

 

 

でも、現実にそうやっているうちに、

 

せっかく合格したのに体重が5キロも

 

増えていたなんてこともあります。

 

 

 

 

受験生は普通より運動量もずっと減ってしまい、

 

お菓子などの甘いものをとても食べたくなります。

 

また夜も受験勉強などをしていると

 

ついつい炭水化物や糖質を摂りたくなります。

 

 

 

 

でもそれはしっかり脳にお菓子からの糖分が

 

運ばれてない可能性があるのです

 

 

 

 

体って正直なもので必要がなくなると

 

食べたくなくなるものなんですね。

 

 

 

 

つまり脳の栄養であるお菓子の糖質を

 

脳が必要としなくなれば食べたくなくなります。

 

 

 

 

そこで受験生は特にお菓子と一緒に

 

ビタミンB1配合のサプリを飲むようにしましょう。

 

ビタミン類でもビタミンB1やB6などと一緒に

 

お菓子などの糖質を摂ると確実に脳に運ばれます。

 

もちろんサプリだけでなく、食品でもオーケーです。

 

 

 

 

サプリでなくてもビタミンB1の食べ物なら

 

小麦胚芽、落花生、大豆などの入った

 

お菓子がおすすめです。

 

 

 

 

そうすればいつまでもダラダラ

 

お菓子を食べたいと思わなくなります。

 

 

 

受験で太ってしまってはこれからの

 

新しい学校での出発も気が重くなりますね。

 

 

 

 

お菓子は受験のイライラや脳の疲労には最適。

 

でも摂りすぎはやっぱり受験太りになってしまいます。

 

 

 

 

受験生でも夜のお菓子は太るので注意しましょう。

 

そして体から欲しないようにするには

 

お菓子とビタミンB1と一緒に摂ることです

 

 

 

受験生でもこうしてお菓子と一緒に摂ると

 

必要以上にお菓子が食べたいという気持ちが

 

吹っ切れますよ。


TOPへ