受験勉強中の空腹を満たすには果物が最適

 

 

 

 

 

受験勉強をする時は空腹の方が、効率がいいそうです。

 

 

 

空腹の時は脳が危機的な状況と判断して、

 

扁桃体が活性化するので、記憶に関係する海馬が刺激されるのです。

 

 

そして食後、時間が経過すると脳にブドウ糖が回ってくるので

 

勉強効率はあがります。

 

 

早起きして、朝受験勉強する方が頭に入るといわれるのは、

 

そういう理由もあります。

 

 

起きて朝食前にひと勉強し、朝食を食べて学校へ行くというような

 

習慣をつけるとちょうどいいサイクルになりますね。

 

 

空腹時に記憶力がよくなるとは言え、空腹すぎても集中できません。

 

やはりエネルギーがないと頭も回転しません。

 

脳のエネルギーはブドウ糖です

 

空腹時に手軽にエネルギーを補給できる食べ物はチョコレートです。

 

 

また、お米も効果的です。おにぎりが手軽でいいですね。

 

 

 

受験当日のお昼ごはんにも注意が必要です。

 

満腹になると眠くなります

 

かといってお昼ご飯抜きの空腹で午後の受験をすると、

 

実力が発揮できないという悲しい結果になりかねません。

 

 

 

空腹感は満たされて、眠くならないお昼ご飯の量を

 

前もって知っておかないといけません。

 

 

 

また、受験勉強中は脳を使うので、すぐに空腹になります。

 

スナック菓子につい手がのびてしまいますが、スナック菓子は

 

血糖値を急激に上昇させるので、逆に集中力を低下させてしまいます。

 

 

いらいらしたり、だるくなったり、眠くなったりもします。

 

 

これは受験勉強中には最悪ですね。

 

 

受験勉強中の空腹対策に一番よいのは果物です。

 

果物に含まれる糖分は血糖値が急激に上昇させることがないので、

 

適度に空腹を満たしてくれます。

 

 

 

ビタミンCが豊富で風邪の予防にもなるみかんは

 

食べやすくて受験勉強のお供に最適です。


TOPへ