「塾をやめたい」といわれた時のベストな対処法とは!?

 

 

「塾をやめたい」といわれた時の

 

ベストな対処法とは!?

 

 

 

受験勉強対策、もしくは普段の学習の補助として子供を

 

塾に通わせている親は、多いことでしょう。

 

そして、「塾をやめたい」と子供に言われた経験がある

 

人も、いるのではないでしょうか。

 

 

 

そういった時は、どういう対処法を考えていけばよいの

 

でしょうか。

 

 

 

 

受験勉強の対策で塾に通っているのであれば、あまり

 

「塾をやめたい」という言葉は出にくいものです。

 

むしろやめたいと言い出しやすいのは、「普段の学習の

 

補助として通わせている場合」です。

 

なんとなく中だるみして、塾に行きたくないと言い出す

 

子供が多いのです。

 


Learning Kanji. 朝、聞、声 / mxmstryo

 

 

そこで、まずはちゃんと子供の話を聞き、「どうして塾

 

をやめたいと言い出すのか」を知りましょう。

 

自分の怠慢以外に理由があるのであれば、それをはっき

 

りと言い出すはずです。

 

 

 

 

そうした理由を持っているのに、それを親が無視するこ

 

とは、会ってはなりません。

 

そうした理由が背景にある「塾をやめたい」は、きちん

 

と受け入れた上で塾を変えるか、家庭学習に切り替える

 

などの対処をしていきましょう。

 

 

 

 

問題は、その理由が子供自身の面倒くさがりから出てい

 

た場合です。

 

そうした場合でも、対処は子供の状態によって変わって

 

きます。

 

 

 

 

もしかしたら子供は普段の勉強に疲れ、弱音を吐きたく

 

てそんな言葉を口にしてしまったのかもしれません。

 

もしそうだった場合は、「塾をやめたい」と言い出して

 

も優しい言葉をかけてあげましょう。

 

 

 

 

しかし、出来るなら「可能なら塾に行く」方向で進めて

 

いくのが大事です。

 

そうした気弱さが出てくるのは、ある意味自然なことで

 

す。

 

 

 

 

しかし、それを乗り越えてちゃんと塾に行けた場合、そ

 

れは知らず知らずに子供の自信となるのです。

 

 

 

 

そうではなく、単に怠慢から「塾をやめたい」と言って

 

いた場合は、尻をたたくような言動で追い立てることも

 

必要です。

 

 


Sloth in the Amazon / Praziquantel

 

 

 

そうした精神から出てくる「やめたい」は、気遣うより

 

も追い立てた方が、ことは有効に働きます。

 

ただし、あまり追い立てすぎると逆に爆発してしまうお

 

それもありますので、子供が塾をサボらない程度にして

 

おきましょう。

 

 

 

 

 

「やめたい」という言葉には、いろいろな意味が含まれ

 

ています。

 

「やめたい」というのは、単純に責められるべきもので

 

はないのです。

 

それを正確にくみ取れるようになっておけるようにしま

 

しょう。

 

 

TOPへ