勉強はしたくないときにやっても身に付かない

 

 

 

 

 

勉強はしたくないときにやっても身に付かないと
言われています。
それはどうしてなのでしょう?

 

 

実は勉強をしたくないのに嫌々やっても集中ができないし、
勉強したことも頭に残りません。

 

 

やっぱり人間は興味のあることだからこそ、自分から身に
付けようと真剣になり集中して勉強をするわけです。
そうして勉強したことは必ず身に付きます。

 

 

しかし嫌々で勉強したくないのに勉強を無理にしても、
なかなか身に付くことは難しいようです。

 

 

とは言っても勉強が好きだという人も少ないのでは
ないでしょうか。

 

 

そこで勉強をしたくないときには無理にしないで、
まずちょっとリラックスする時間を作りましょう。

 

 

でも明日がテストだという日などは、そんな時間も
惜しいときですね。

 

 

それでも勉強はしたくない気持が強いときには
コーヒーなどを飲んでみましょう。

 

 

勉強がしたくないというのはもちろん誰でも思う
ことです。

 

 

自分を甘やかすことではなく、本当にどうしても
勉強がしたくない、気が向かないというときには、
いったん仕切り直しをするようにしましょう。

 

 

また勉強がしたくないときには、やる気の起きる
アロマを上手に利用することもおすすめです。

 

 

好きな音楽を小さめに流すなども、集中には
邪魔なように思われますが、逆に集中することが
できるのです。

 

 

勉強をしたくないという気持が強いときには、
何か少し刺激のあるものを食べるのも
おすすめです。

 

 

ミントの強いガムを?んだり、頭に響く音の刺激のある
おせんべいを食べるのも一つの方法です。

 

 

勉強をしたくないときにはピリッとトンガラシのたくさん
ついた刺激のあるおせんべいなどは特におすすめです。


TOPへ