受験生のお守り活用術 神様を味方につける!

高級桐箱入り 合格成就祈願お守り ブルー 白崎八幡宮で祈願済み

 

 

 

 

受験生は、志望校に入るために

 

日々勉強をしながら頑張っていると思いますが、

 

やはり本当に受験で合格出来るかどうか不安になるものです。

 

 

 

 

そんな不安を払拭しようと神社に訪れて合格祈願をしたり、

 

受験用のお守りを購入する学生さんも多いと思います。

 

特に年始になると各地の有名な神社には、

 

お守りを購入しにくる学生さんがたくさんいらっしゃいます。

 

 

 

せっかくなら受験に向けてお守りを効果的に活用したいですよね。

 

 

 

まず、お守りの正しい身に着け方ですが、

 

基本的には神様のご利益を得るために

 

常に身に着けていられるように鞄や財布などに

 

入れておく事が多いですが、

 

受験生であれば筆箱やリスニングで使用するCDプレイヤーに

 

お守りをつけておくのが良さそうです。

 

 

 

もし、家で保管する場合は目につく場所

 

なるべく高い場所に置きましょう。

 

 

 

更に、合格祈願だけでなく受験当日での体調面や、

 

日々の勉強に励めるように健康祈願のお守りも

 

用意しておくと良いでしょう。

 

 

 

ここで良くあるのが、複数のお守りを所有すると

 

神様が喧嘩するなんて説があるようですが、

 

そのような事実はないようです。

 

もちろん持ちすぎたからといって

 

たくさんのご利益があるわけではないので、

 

所有するのは三つくらいにしておくのが

 

良いのではないかと思います。

 

 

 

 

そこでめでたく合格出来たならば、

 

感謝の心を持って購入した神社へ返しましょう。

 

お守りの期限は一年ですので、

 

返す際はお焚き上げをしてもらうのが良いと思います。

 

 

 

当たり前ですが、受験に関しては

 

受験生の勉強の努力が必要です。

 

お守りで神様に守られているからといって

 

勉強しない方はいないと思いますが、

 

しっかりと健全に受験勉強をしていれば、

 

受験の神様も味方になってくれて

 

結果は良いものになるのかもしれませんね。

 

 

 

そのような意味でもお守りを購入する事は、

 

受験生自身の精神面でもプラスになる事が多いのかもしれませんね。


TOPへ