中学受験、いつからやるのかタイミングを間違うと大変なことに!?


いまでしょ?

 

 

中学受験、いつからやるのか

 

タイミングを間違うと大変なことに!?

 

 

 

地方と違い、首都圏では「中学受験」の制度が強く意識

 

されています。

 

特に東京ではその色が濃く、「中高一貫教育」制度によ

 

って高校が生徒を募集していないパターンが存在してい

 

たりします。

 

 

 

ここで気になるのが、「子供にいつから中学受験の勉強

 

をさせるか」というところ。

 

高校受験や大学受験と違い、その準備の仕方が幅広く、

 

ゆえにやり方に迷うのが中学受験です。

 

 

 

いつから、というのはそれぞれのやり方があるので一概

 

には言えませんが、中学受験の準備を始めるのに都合が

 

いいのは「小学3~4年から」、つまり期間的には3~4年

 

程度が良い、ということになります。

 

 

 

というのは、この辺りから塾や進研ゼミ、Z会などの受

 

験勉強対策を受けることが可能になるからです。

 

こうした教育施設はこのくらいの期間を勉強に充てるの

 

が妥当だと考えているようで、「いつから」というス

 

タートに迷う方々に対する一つの指針としているようで

 

す。

 

 

 

勿論、これは「いつから中学受験勉強を始めるか」とい

 

う答えを強制するものではありません。

 

しかし、これが大きなきっかけにしやすいのは間違いあ

 

りません。

 

 

 

 

中学受験勉強を始めるのが早すぎると成長に支障が出る

 

可能性が否定できませんし、かといって遅すぎると、今

 

度は「受験勉強」というレッテルが勉強に張り付いてし

 

まい、子供が抵抗を強めることも考えられるのです。

 

となれば、上記の時期設定が「いつから中学受験を始め

 

るか」という疑問に対しての、効率のいい答えと言える

 

でしょう。

 


マイアドバイザー

 

 

 

高校受験や大学受験と違い、子供は「いつから中学受験

 

勉強をするのか」という意識をそもそも高くすることが

 

出来ません。

 

自分の進む先、という未来を意識しにくいためです。

 

ですから、そこについては親がしっかりと考えてあげる

 

のが重要になってきます。

 

 

 

 

「いつから」という言葉は、タイミングという言葉に置

 

き換えることもできます。

 

タイミングを間違えてしまえば、中学受験への効率も悪

 

くなってしまうかもしれません。

 

 

 

 

逆に言うと、「いつから」を誤らなければ、同じ手段で

 

あってもその効率を良くすることが出来ます。

 

子供が勉強への抵抗を薄いままに受験勉強へ滑り込ませ

 

ることが出来れば、最善ですね。

 

 

 

 

勿論個人差もあるので、それに合わせた開始時期が必要

 

になります。

 

 

 

一般的には3年程度の期間を準備した方がよいですが、

 

場合によってはそれより少し遅らせた時期が、その子に

 

とっての「いつから」になりうる可能性があります。

 

 

 

 

子供の特性をしっかり把握し、「いつから」を誤らない

 

ようにしましょう。

 

 

TOPへ