生物は興味を持って受験勉強しよう。正しく理解すれば成績UP!

 

 

 

 

 

生物は暗記の科目と思われがちですが、

 

受験において成績を伸ばすためには、正しく理解することが必要です。

 

 

生物の受験勉強では、まとめノートをつくるのがおすすめ勉強方法です。

 

 

 

図を描いて名称や解説を書き込みます。

 

自分だけの参考書は受験の心強い味方になってくれます。

 

 

 

生物の基本は教科書にあるので、教科書を丸写しするくらいの

 

気持ちでまとめノートをつくりましょう。

 

 

 

生物は用語を理解していないと太刀打ちできないので、

 

教科書の索引のひとつひとつの用語の意味を理解しているか

 

チェックすることも受験勉強としておすすめです。

 

 

 

持ち運びが便利なコンパクトな生物学事典があると、

 

いつでも用語の意味を調べることができます。

 

 

 

用語が大切な生物ですが、暗記だけではなかなか点数が伸びません。

 

生物の勉強の楽しさは「なぜ?」を知ることにあります。

 

すべての生命現象はつながっているので、細胞がどのように

 

進化してきたかを考えれば効率よく覚えられるのです。

 

 

 

その「なぜ?」を知るための参考書でおすすめなのは、

 

「生物Ⅰの点数が面白いほどとれる本」(中経出版)で、

 

生物で受験するたくさんの受験生がAmazonで

 

高い評価をつけています。

 

 

 

 

 

そして生物Ⅱの「なぜ?」に応える参考書は

 

「理系生物達人への道」(代々木ライブラリー)です。

 

 

 

 

「なぜ?」を理解したうえで、暗記をするなら

 

「ゴロあわ生物Ⅰ」(快適受験aブックス)が楽しく覚えられます。

 

無理やりなゴロあわせもありますが、1ページに1つの語呂で

 

イラストがついているので場面が想像しやすく印象に残ります。

 

他の教科の受験勉強の気分転換に

 

ぱらぱら眺めるのもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

生物は、興味を持って好奇心旺盛に

 

受験勉強すると頭に入りやすいと思います。


TOPへ