いつでもどこでも受験勉強できるイマドキの便利な単語帳

 

 

 

受験勉強で暗記をする時、昔は単語帳を手作りしていました。

 

リングでとめた小さなカードをめくって覚えるものです。

 

 

私も受験生の頃は英単語や歴史の年号などいくつも作っていました。

 

 

 

今でも文具店にいけば、いろいろな種類の単語帳があります。

 

昔と比べてかわいいものがたくさんあり、

 

持ち歩いていたくなる単語帳ばかりです。

 

 

 

 

 

 

パソコンのプリンターでプリントアウトできるように、

 

切り取り線が入った単語帳用紙までありました。

 

 

 

私は単語帳をつくること自体が受験勉強になると認識していましたが、

 

今は単語帳をつくる時間を暗記に充てる方が

 

効率的だと考えられているようです。

 

 

確かに自分で単語帳をつくると、無駄な単語まで入れてしまい

 

肝心な受験に必要な単語を見逃してしまう危険もあります。

 

 

本屋やネットで探すと、CD付きのものや、

 

副教材として単語カードがあるもの、

 

音声がダウンロードできるサービスなど受験に対応した単語帳

 

販売されています。

 

 

英単語の場合、自分のレベルや学習到達度、

 

受験する学校のレベルなどによって単語帳の収録語数も様々なので、

 

よく選ぶことが大切です。

 

 

 

自分のレベルに合っていない単語帳を使っている受験生は多くいるようで、

 

それは効率の悪い受験勉強をしていることになります。

 

 

 

まず自分の語彙レベルを知るためのサイト

 

「大学入試の語彙力判定テスト」

 

で調べてみるといいでしょう。

 

 

この「Weblio」では、オンラインで自分だけの英単語帳を作成できます。

 

 

 

また、スマートフォンにも英単語帳のアプリがたくさんあります。

 

スマホはいつも持ち歩くものなので、ちょっとした隙間時間に

 

受験勉強ができて便利ですね。

 

 

 

便利なサービスや商品を併用し、自分に合った単語帳を使って

 

効率よく受験勉強をしましょう。

TOPへ