勉強 が頭に入らないときには

 

 

 

 

 

勉強が頭に入らないときって誰にでもあるのでは

 

ないでしょうか。

 

 

 

そういうときは、ほとんど他のことに気持が移って

 

いるときですね。

 

 

 

つまり勉強に集中できないと頭に入らないものです。

 

 

 

これは勉強だけでなく、どんなときでも何も頭に

 

入らないときはあります。

 

 

 

そんなときにはとてもストレスを抱えていたり、

 

悩みを持っていたりという場合もあります。

 

 

 

勉強の場合はただ暗記するだけでなく考えるという

 

ことも必要になります。

 

 

 

何も頭に入らない状態で勉強をしてもまったく

 

無駄になってしまうこともあります。

 

 

 

特に学生の頃は友達関係のこと、家庭のこと、

 

好きな人のことなど、いろいろなことで勉強が

 

頭に入らないことがあります。

 

 

 

受験や試験の前になると今度はその不安に

 

圧倒されて勉強が頭に入らないこともあります。

 

 

 

一番大切なときなのに頭に入らないということが

 

起こってしまうと、ますます不安になり悪循環

 

なってしまいます。

 

 

 

このように勉強が頭に入らないときには

 

どうしたらいいのでしょう。

 

 

 

まず気持の切り替えも大切になります。

 

気持を切り替えるために、ちょっと散歩などをして、

 

新たな気持で勉強に向うようにしましょう。

 

 

 

特に試験前などはあまり根を詰めても集中力も

 

なくなり、結局頭に何も頭に入らないことに

 

なってしまいます。

 

 

 

例えば1時間好きな漫画を見て気分を

 

入れ替えるのもおすすめです。

 

 

 

おやつを食べながらちょっとリラックスしてから

 

また勉強に向うと頭に入らないと思っていたことが

 

入るようになったりします。

 

 

 

このように頭に入らない状態から入る状態に

 

スイッチの切り替えを自分でコントロールできる

 

ようになるといいですね。


TOPへ