高校受験は中学1年からが勝負です

 

 

 

 

 

高校受験はやっぱり内申書ということがあるので、
どうしても中学1年生からの総合的な成績が大切に
なります。

 

 

 

 

そういう意味では中学1年からの成績はとても大切に
なります。

 

 

特に公立の高校に行くなら余計勝負は1年生からという
ことになります。

 

 

 

 

そのために、高校では塾や家庭教師を使ってクラブなどを
併用して頑張る必要がでてきます。
そこで塾より家庭教師を選ぶ親も増えています。

 

 

 

 

つまり塾ではどうしても付いて行けなくなる場合があり、
一度つまずくとそこからずっと落ちこぼれてしまいます。

 

 

 

 

そのうえクラブなどをやっていたら厳しい状態になります。
そこで、マンツーマンでしっかり勉強を見てもらうようにすると、
クラブをやりながらでも、一定の勉強をしっかり理解することができます。

 

 

 

 

それによって内申書も保ちながら高校2年いっぱい頑張れます。
3年になったら、家庭教師と塾を両方併用したり、家庭教師の
日にちを1回多くしたり強化していくことも大切です。

 

 

 

 

特に高校2年生の夏休みは実力を付ける子もいますが、
ガタッと追いつけなくなる時期でもあります。

 

 

 

 

この時期を越して学校の勉強が落ちた場合は、家庭教師の方が
塾よりおすすめです。そしてつまずいているところを、しっかり
クリアして受験に向うといいのではないでしょうか。

 

 

 

 

その子その子で違うわけですが、つまずきの時期があります。
ここを家庭教師で改善することで大きな傷にならずに成績を
上げていくことができます。受験を意識するなら、落ち込み
だしたときにすぐに手を打つことが大切です。


TOPへ