効率のいい受験勉強について

 

効率のいい受験勉強

 

 

効率のいい人と効率の悪い人では、同じ時間受験勉強を
したとしても身につくものが全く違ってきます。

 

 

教科書や参考書などをずっと読み続けて暗記し続けてい
る人と、実践的な問題集を何度も繰り返してやり続けて
いる人では、効率の面では後者のほうが効率のいい受験
勉強だと思います。

 

 

受験勉強は試験です。文字のとおり試すところです。
いくら教科書や参考書だけで暗記だけしていて、いざ問
題に取り組もうとしても、実践的なやり方をしていない
と問題を解くのが難しいです。

 

 

 

試験ということに目をつけて、受験勉強で過去問や問題
集をいかに何度もできるかが効率のいい受験勉強方法だ
と思います。

 

 

 

効率的に過去問や問題集をやり続けていくと、自分がよ
く間違うところが自分ではっきりとわかり、
自分の受験での苦手分野がどこか、効率よく理解するこ
ともできます。

 

 

 

効率よく苦手分野が理解できたところで、教科書や参考
書などの説明できちんと理解して、また過去問や問題集
をやっていくと、苦手なところも克服でき効率がとても
よくなります。

 

 

それだと教科書や参考書がいらないと思いますが、
教科書や参考書は机についていない時間に読むと、さら
に効率がいいと思います。

 

 

トイレに入っているときや通学中などには問題を解いて
いくのは難しいです。
なので、そのような時間に教科書や参考書を読むと効率
のよい受験勉強になると思います。

 

 

 

 


TOPへ