成績を伸ばす方法、プリーズ!

 

 

 

 

 

「成績を伸ばす方法はドンピシャ、コレだ!」というも

 

のがあったら、どんなにいいでしょう。

 

 

 

 

 

「子どもの成績のことは、とくに何も言いません。自分

 

が生徒だったころ、成績がよくなかったから、言えたも

 

のではありません。アタシが親なんだもん、しょうがない」

 

 

 

 

「子どもの可能性を伸ばす方法に読書は最適。小さいこ

 

ろから本に親しませました。おかげさまで、そこそこの

 

成績を取っています」

 

 

 

 

「成績を伸ばす方法? 親自身も勉強すればいいんじゃ

 

ないですか?」

 

 

 

 

 

「子どもの成績に一喜一憂してしまいます。なるべくほ

 

めるようにしていますが、つい自分の感情が入ってしま

 

い、親子ゲンカが絶えません。伸ばす方法を実践する以

 

前の問題ですね」

 

 

 

 

 

「直接的な伸ばす方法ではありませんが、きちんとした

 

生活習慣をつけさせること。早寝早起き。朝ごはんはし

 

っかり食べさせるとか」

 

 

 

 

 

 

「頭のなかでは他のクラスメートと成績を比較するけど、

 

本人には言わないとか。成績のくらべっこって、嫌です

 

よね。これがウチの消極的な伸ばす方法」

 

 

 

 

 

「ネットの『子どもの成績を伸ばす方法』を参考に、実

 

践中」

 

 

 

 

 

 

「伸ばす方法は、通っている塾におまかせ。しろうとの

 

自己流は、逆に子どもの成績を下げるようで……」

 

 

 

 

「家で全然勉強しないので、塾に行かせています。成績

 

はさておき、勉強時間を伸ばす方法を優先しています」

 

 

 

 

 

などなど、(成績を)伸ばす方法はいろいろです。

 

親の後ろ姿を見せることも、たいせつかもしれません。

 

TOPへ