快適な勉強場所を作り出す3つのTips

勉強,場所

 

 

 

快適な勉強場所を作り出す3つのTips

 

 

 

 

勉強に集中したいのに集中できない、自分の部屋なのに

 

なんとなくしっくりこない、勉強していたはずなのにつ

 

い別のことを始めてしまう。こんな経験をしたことのあ

 

る方は案外多いのではないでしょうか。

 

 

 

勉強の息抜きもかねて、一度自分の勉強場所について見

 

直してみませんか?

 

 

 

 

1.まずは自分の性質を知る

 

 

完全な無音状態でなければ集中できない、多少の雑音

 

(たとえば音楽や人の話し声)があっても勉強の支障に

 

ならない、むしろ音楽がなければ集中できないなど、個

 

人によって集中できる環境は様々です。

 

 

 

また、音以外に重要なのが視覚情報。モノがあふれてい

 

る状態だと視覚から入ってくる情報に邪魔され、肝心な

 

勉強している情報が入ってきません。

 

 

 

自分がどのような場所で集中力を発揮できるか、一度考

 

えてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

2.勉強する場所の環境を整える

 

 

さて、今勉強をしている部屋をざっと見渡してみてくだ

 

さい。勉強の邪魔になるものはありませんか?

 

 

 

勉強を始める前になぜか部屋を片付けはじめてしまう人

 

は無意識に、目に入る雑多なモノ=集中の邪魔になる視

 

覚情報を片付けて、快適な場所を作り出そうとしている

 

のかもしれません。

 

 

 

場所を整えるためと割り切って、部屋の整理整頓をして

 

みるのもいいですね。

 

片付けに集中しすぎないよう、タイマーなどを利用して

 

時間を区切って片付けるのがコツです。

 

 

 

 

 

3.自室?それとも外に出る?

 

 

自室が集中できない環境にあるなら、勉強する場所を外

 

に求めるのもいいでしょう。

 

 

 

カフェの話し声や控えめな音楽をノイズとして処理でき

 

れば、無音では勉強できない人にとったら最高の勉強場

 

所になるでしょう。

 

 

 

図書館の自習室は視覚、聴覚ともに入ってくる情報が少

 

ないので集中するにはもってこいの場所です。

 

最近ではレンタル自習ブースもありますので、こういっ

 

た場所を利用するのもひとつの方法です。

 

 

 

 

 

勉強場所の環境を、自分がより集中できる環境に整える

 

ことで勉強の効率はさらにアップします。

 

たかが場所とあなどるなかれ。快適な場所で勉強に集中

 

しましょう。


TOPへ