受験勉強での基礎学力はどれほど大切なのか?

 

 

受験勉強での基礎学力はどれほど大切なのか?

 

 

受験勉強はいわば、学校で習う基礎の集大成を試すため
にすることです。なので、当たり前ですが、試験内容は
一つひねりを加えたものが多いですし、だれもがわかる
問題は、あっても問1でしか出されないと思います。

 

 

なので、受験勉強においてというか受験する人たち、試
験を受ける人たちにおいて、基礎は絶対不可欠なものです。

 

 

当たり前のことを言いましたが、受験勉強に深入りして
いくうちに、基礎をおろそかに扱ってしまうことが多い
です。

 

 

例えば、英語の文法の穴埋め問題などで、前の基礎的な
英単語で、この後には基礎的な前置詞が絶対についてく
る。などのパターン化されて問題を解いていってしまう
ことが受験勉強ではありがちだと思います。

 

 

基礎的な文法の穴埋め問題では、通用するかもしれませ
んが、長文での文章問題でその英単語がでたときに、後
につく前置詞しか覚えてなく、どちらも基礎的な英単語
なのに、意味がわからないことがあったりします。

 

 

結果的にこの英単語の意味がわからないことによって、
試験でわからず、受験勉強を失敗したと言う人も多いと
思います。

 

 

なので、受験勉強で問題集などを解き続けることも大切
ですが、流れるようにやらずに、基礎的な英単語の意味
などを理解して、基礎をおろそかにしない受験勉強をし
ていくことが大切だと思います。

 

 

 


TOPへ