私の英単語記憶法を一つ 覚えた英語でストーリを考えてみる。

記憶, 英語

 

 

 

 

英語が出来る人は何かと優位になれる世の中になってきましたが、

 

一部の企業では社員同士の会話でさえも

 

第二言語である英語を使って

 

コミュニケーションをしている会社もあるようです。

 

 

 

また、お互いの感情が伝わりにくくし、

 

冷静に対応出来るように

 

英語を使用するといった目的もあるようです。

 

 

 

 

既に、英語が出来るか出来ないかで

 

大きな差が出来ているのが現状のようです。

 

 

 

そんな時代であるからこそ、

 

英語の勉強をするために

 

英会話や資格取りのために

 

英語を勉強している方がたくさんいらっしゃいます。

 

 

 

 

英語は直接現地に赴いた方が上達は早いので、

 

海外にホームステイをし、

 

外人と対話しながら英語を勉強する人も多かったりします。

 

 

 

そこで、喋るにも、文章を読んだり書いたりするにも、

 

文章中の英単語を一つ一つ理解していなかればなりませんよね。

 

しかし、その単語を記憶する事が苦手な方が多いようで、

 

そのような状態では英語が嫌になってしまいます

 

 

 

どのようにしたら単語の一つ一つをしっかりと

 

記憶に定着出来るのかについて学ぶ事で、

 

勉強した単語を忘れる事なく記憶出来るようになれます。

 

 

 

 

まず、記憶に定着しないのは、

 

英単語の覚え方が非効率であり、

 

ただ単に単語を読んだり、

 

紙に単語を何度も書いたりして

 

丸暗記しようとしているからです。

 

 

 

 

そもそも人間の記憶のメカニズムとして、

 

人間には短期記憶と長期記憶と呼ばれる

 

記憶の貯蔵庫が存在します。

 

 

 

丸暗記は単なる一時的な記憶でしかなく

 

長期的な記憶にはなりません。

 

つまり短期記憶です。

 

 

逆に一度覚えた内容を長期的に記憶出来るのが

 

長期記憶であり、

 

覚えた単語も忘れる事なく記憶出来ます。

 

 

 

 

では、どんな覚え方が良いのかと言いますと、

 

覚えた単語を使って

 

自分なりにストーリー性のある文章を作ってみると良いでしょう。

 

 

 

人間は初めて体験するような出来事に関しては

 

いつまでも記憶しているものですよね。

 

つまり長期記憶に定着したわけです。

 

新鮮な事はいつまでも覚えているものなので、

 

覚えた単語は、文章にして作成する時も

 

新鮮で奇抜な内容にする事で記憶に定着しやすくなります。

 

 

 

単語の思い出し方も

 

その文章の物語をイメージする事で

 

思い返すきっかけとなるでしょう。

 

覚える事が出来れば楽しくなりますし、

 

英語を学ぶ意欲も出てくるでしょう。


TOPへ