受験勉強計画に最初から息抜き時間を組み込むのが能率アップのカギ!?

受験,息抜き

 

 

 

 

 

誰にだって息抜きは必要なものですよね。

 

仕事だってプライベートだって休憩する時間があるように、

 

受験生にとっても息抜きは必要です。

 

 

 

 

毎日テキストや問題集をやっていれば

 

集中力だって落ちてきますし、

 

長時間の休みなしは学習効果が薄れてしまいます。

 

 

 

受験の学習計画があるように、

 

息抜き計画なんてのも作ってみてはどうでしょう。

 

一日丸々、受験勉強するような日が続いたり、

 

休みなしで一日中勉強していては疲れてしまいます。

 

 

定期的に息抜き出来る時間を作りましょう。

 

 

 

例えば、二時間きっちり受験勉強をし、

 

その後は息抜きの時間で映画鑑賞をしたり、

 

好きなテレビを観たり、また体を動かすのも良いでしょう。

 

 

近所の散歩やランニングをしたり、

 

趣味のスポーツをしたりして息抜きする事は

 

ストレス解消にもなるでしょう。

 

 

 

発想を変え、

 

むしろ「受験勉強の息抜きのために勉強をする」

 

といった感覚で行うのも良いかと思います。

 

 

 

人間は頑張った時に得られる解放感や達成感、

 

ご褒美を好む生き物ですので、

 

受験勉強の息抜きをエサにして

 

自分を頑張らせてみてください。

 

 

 

ただ、気を付けてもらいたいのが、

 

息抜き計画ですのでダラダラと息抜きするのはやめましょう。

 

息抜きは時間を決めてやった方が良いです。

 

映画鑑賞をしたけども、

 

観終ってダラダラしていたら寝てしまったとか、

 

そのまま違う映画を連続して観てしまった。

 

 

体を動かすためにランニングをし、

 

自分を追い込みすぎて疲れて

 

勉強どころではなくなった…

 

 

 

そんなことでは受験勉強の息抜きは逆効果です。

 

体に対して薬になるどころか

 

受験勉強のやる気を失わせる毒になります。

 

 

 

 

また、受験勉強は一年以上前から

 

取り組んでいるでしょうから、

 

年間の息抜き計画なんのも良いでしょうね。

 

 

 

たまには少々長めの休息日を作り、

 

旅行に出かけたりしても良いでしょう。

 

そのために受験勉強を頑張り、

 

長めに休息することで

 

気持ちもリフレッシュ出来るでしょう。

 

 

 

もちろん、期間が長すぎると

 

やる気を失い兼ねないので、

 

これもあまりダラダラしない方が良いでしょう。


TOPへ