越境入学という手段について考える

 

 

 

 

様々な理由で小中学校、もしくは高校の越境入学

 

考えていらっしゃる保護者の方は多いのではないでしょうか。

 

 

 

越境入学とは通常、義務教育において

 

学区外の学校に通わせることを指します。

 

越境入学が認められているのは

 

 

 

・いじめなどがある場合
・過疎地の学校の統廃合を防ぐ場合
・特別支援学級を備えた学校へ通学する場合
・市境、県境付近で通学地域の学校が遠い場合

 

 

などに限られています。

 

 

 

ただ、教育委員会によってはその他の理由でも

 

越境入学を認めている場合があります。

 

たとえば、共働きで、放課後実家に預けたりする場合、

 

預け先の校区に当たる学校へ入学できることがあります。

 

 

 

 

また、スポーツや吹奏楽などの部活動を理由に

 

越境入学が認められることもあるようです。

 

 

 

ですが、越境入学を考える方の中には住んでいる地区の

 

学校の教育問題やいわゆる『荒れている』学校へ通わせるのを

 

保護者の方が好まない場合もいらっしゃるようです。

 

 

この場合、越境入学をするために、表向きに公に認められている

 

上記の理由を使い越境入学を行います。

 

 

 

こういったことを隠れ蓑にした越境入学を多くの教育委員会は

 

あまりよく思っておらず、もし意図的な越境入学が

 

学校側で判明した場合、転校などの措置をとられることもあるようです。

 

 

 

引越しや転勤の際には、越境入学のことで

 

頭を悩ませることのないよう住まい選びをした方がよいのかもしれません。


TOPへ