高校受験、母子家庭には意外な支援がある!?

 

 

 

 

高校受験、母子家庭には

 

意外な支援がある!?

 

 

 

何らかの事情で母子家庭であり、その子供が高校に進学

 

しようとしており、高校受験を控えた身である。

 

そうしたケースは少なくありません。

 

 

 

 

しかし、母子家庭で高校受験をしようとなると、端々で

 

課題が出てくることになります。それらは、解決するこ

 

とが可能なのでしょうか。

 

 

 

 

 

母子家庭の高校受験で最大の壁になるのは、「経済的な

 

面」です。受験自体にお金がかかるのはさることながら、

 

塾に通わせるのにもかなりの資金が必要になりますし、

 

高校の授業料への貯蓄もしておく必要があります。

 

これらのお金を用意するというのは、母子家庭ではかな

 

り厳しい条件と言えるかもしれません。

 

 

 

 

しかし、だからといって高校受験を妥協する必要はあり

 

ません。母子家庭であれば受けやすい学業目的の資金援

 

助は、いくつか存在します。

 

 

 

 

 

例えば、東京都では「受験生チャレンジ支援貸付事業」

 

というものがあります。これは中学3年や高校3年の子供

 

が対象となり、その塾費用や受験費用を貸し付けてくれ

 

るというものです。

 

 


(東京都受験生チャレンジ支援貸付事業)

 

 

 

 

しかも子供が受験に合格すれば、それを返済する必要が

 

なくなるのです。

 

 

 

 

さまざまな条件は存在しますが、一般的な母子家庭であ

 

ればクリアしやすい条件ですので、さして問題にはなら

 

ないでしょう。

 

これは高校受験に対して非常に心強い支援と言えます。

 

 

 

 

 

他にも、探してみると受験関連の支援は意外と多いこと

 

に気づくでしょう。

 

 

 

 

母子家庭だからと言って、塾などで子供を支援すること

 

が難しく、高校受験をどこかで妥協しなければならない、

 

というわけではないのです。

 

 

 

 

 

肝心なのは諦めないことです。

 

諦めなければ、高校受験を母子家庭で乗り切らせるため

 

の方策は、経済的な面以外でもさまざまに存在します。

 

 

 

 

 

一般的な家庭の状況を参考にできないという意味で母子

 

家庭は特殊かもしれませんが、高校受験は一般的な家庭

 

と一緒に、同じように受けることが可能です。

 

 

 

 

 

また、母子家庭だからと言って受験そのものに何か影響

 

が出る、ということはありません。

 

他の子と全く同じ条件で受験することになります。

 

 

 

 

 

諦めず、子供の将来を広げられるように、住んでいる地

 

域で受けられる援助を探していくのが良いでしょう。

 

TOPへ