実はメリットいっぱい? 中学受験

 

 

 

 

実はメリットいっぱい?中学受験

 

 

 

 

 

「うち(の娘)は、公立中に行かないよ。中学受験はず

 

っと前から決めてたもん。地元の中学校、あまりいい話

 

聞こえてこないし。名のある大学へ進学してもらいたい

 

から、中高一貫校へ行かせる。六年間みっちり勉強でき

 

るメリットがあるし……」

 

 

 

 

 

「でも、(試験に)落ちたら、公立行くんでしょ?」

 

 

 

 

「中学受験は一校だけじゃなくて、何校か、すべり止め

 

も受けさせる」

 

 

 

 

「でも……いろいろとかかるでしょ?」

 

 

 

 

「メリットの方がずっと大きいから、いくら(費用が)

 

かかっても中学受験させるの!」

 

 

 

 

「うち(の次男)も、地元(の中学校)は行かない。

 

(長男と同じ)中学受験させる」

 

 

 

 

「二人とも私立なんだ」

 

 

 

 

「公立中へ行ったって、高校受験のための塾で、カネか

 

かるし。公立高校に入ったところで、学校じゃ大学の受

 

験対策やってくれないから、結局予備校行って、またカ

 

ネかかるし……私立へ行く方がメリットあるよ」

 

 

 

 

 

 

 

と先日、知人二人が、中学受験とそのメリットについて、

 

熱く語ってくれました。

 

 

 

 

 

うちの子どもたちは、中学受験とはまったく無縁でした。

 

土地柄もあるのでしょうか、通っていた小学校から中学

 

受験をする児童は、当時はいませんでした。

 

 

 

 

 

 

いまは私立の中高一貫校と中学受験が当たり前のようで、

 

「十五の春を泣かせない」とまで言われた高校受験より

 

競争が激しそうです。中学受験にメリットがあると考え

 

る親御さんが増えているのでしょう。

 

 

 

 同じレベルの子と学べるメリット……。
 高校受験がないメリット……。
きめ細かい大学受験指導が受けられるメリット……。
 先生が異動しないメリット……。

 

 

 

「ホントにメリットばかりなんだろうか。公立だってメ

 

リットあると思うけど」

 

 

と、中学受験知らずは、少々やっかみモードです。

 

 

TOPへ