年齢100歳で大学受験!?

大学受験,年齢

 

 

少子化に歯止めがかからない昨今,大学受験の現場でい
わゆる大学全入という現象が起きています。

 

 

 

 

 

 

大学受験とは相対的に学力不足の受験者をふるい落とす
システムともいえますが,受験者数が定員に達しなけれ
ば,合格ラインを設けない限り受験者全員が合格となり
ます。

 

 

 

 

 

そして定員割れなのにわざわざ合格ラインでさらに合格
者数を減らす大学,特に私大は少ないでしょう。生徒数
の確保は学校経営の基盤だからです。こうして少子化が
大学受験の意義を歪めつつあります。

 

 

 

 

 

ところで大学受験というと主役は年齢18~20歳くらいの
若者と思われがちですが,「~歳だからダメ」というよ
うに直接年齢をもって大学受験資格を制限するというも
のはありません。

 

 

 

 

 

一定の年齢に達していないと得られない大学受験資格が
ほとんどですが,その年齢より上であれば何歳であって
も大学受験資格は得られるのです。

 

 

 

 

 

例えば高校を卒業すれば,50歳でも100歳でも大学受験
は可能です。さきほど大学受験の全入は受験者数減のた
めとしましたが,ほんとうに受験者が少ないのでしょう
か。いいえもっといるはずです。受験者になれるのに大
学受験に結びつかないだけです。

 

 

 

 

 

「年齢が…」という理由で大学受験をあきらめる人がい
ますが,年齢がいくつであっても,学びたい意欲があれ
ば学べるのが大学のはずです。あまりにもったいない。

 

 

 

 

 

また大学の側も,幅広い年齢層に対応できる講座やカリ
キュラムを組む努力をもっとすべきで,もっとアピール
すべきです。受け入れる年齢層を狭くしてるから自らの
首も絞めるのです。

 

 

 

 

 

そして,何かにつけ年齢で振り分ける社会も問題です。
欧米では引退したスポーツ選手が経営学を学んだり,
育てを終えた主婦がマーケティングを学んだりすること
は珍しくも何ともありません。

 

 

 

 

 

 

年齢にかかわらず進路変更できる自由を保障するのは社
会の役目ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

学びたいという意欲,それを実現する大学を年齢で制限
してはいけません。「大学受験,年齢関係あります
か?」答は,「断じて否!」   です。


TOPへ