医学部再受験 その費用を調べてびっくりした

医学部, 再受験

 

 

 

医学部を再受験しようと考えている方は意外にも多いようです。

 

大学を卒業し、一般企業に就職した方などで多いようですが、

 

今後の将来に不安を感じて

 

医学部を再受験しようと考えてる方が

 

非常に多いような気がします。

 

 

 

意外にも、軽い気持ちで医学部を再受験しようと志す方もいるようで、

 

仕事を辞めてから医学部を再受験するまでの

 

予算等のシュミレーションはしっかりやっておいた方が良いでしょう。

 

 

 

ましてや、ただ単に現在の仕事よりも高給取りである医者になりたいからと、

 

医学部を再受験するなどは絶対にやめておいた方が良いでしょう。

 

 

 

仕事を辞めてから計画を考えるのも無謀ですから止めましょう。

 

そんな浅はかな目的では挫折します。

 

 

 

社会人が医学部再受験でまず考えなくてはいけないこととは?

 

 

 

では、具体的に一般企業に勤めている方が

 

医学部を再受験する際に

 

どのような事を考えなければいけないのか考えてみましょう。

 

 

 

 

まずは予算の問題ですね。

 

勉強するにもお金が無一文では話になりません。

 

医学部を再受験するためには勉強しなければいけませんが、

 

その手段として独学よりも予備校に通う方がほとんどでしょう。

 

 

 

その予備校の予算自体も大手予備校であれば50万~90万程度

 

また、医系専門予備校であれば数百万~1000万ほどの費用がかかります。

 

 

 

大手予備校は国公立大学、

 

医系専門予備校は私立大学向けのようです。

 

 

 

 

また、医学部を再受験する際の受験料に関してですが、

 

国公立ではセンター試験の3教科以上で1万8000円、

 

二次試験に関しては1万7000円、

 

私前期後期なら3万4000円。

 

 

 

私立大学の場合、大学によって費用が異なるのですが、

 

私立医学部受験料は5万~6万円程度です。

 

 

 

そして、受験する際の交通費や宿泊費に関しても

 

10万円程度は必要だと考えておいた方が良さそうです。

 

 

 

国公立か私立のどちらの医学部を再受験するかによって費用は異なり、

 

現在の生活環境によっても

 

生活費用等などお金はたくさんかかります。

 

 

 

医学部を再受験しようと志す前に、

 

現実的に費用についてはしっかりとシュミレーションし、

 

綿密に計画していく必要がありそうですね。


TOPへ