大学受験生は知っておきたい大学群。 GMARCHって?

 

 

 

 

 

 

GMARCH(ジーマーチ)とは、日本の大学受験や

 

就職活動等に際して使われる俗称です。

 

 

 

明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学

 

英字表記の頭文字を取って「MARCH」と呼ばれる大学群に

 

学習院大学を加えてGMARCHとなります。

 

 

 

いずれも首都圏の私立の総合大学で、

 

GMARCHの名称は2005年頃から

 

大学受験関係者の間で使われています。

 

 

 

元々「MARCH」の名付け親は受験専門誌「蛍雪時代」の

 

編集者代田泰之氏で、大学進学率が1割を超えた

 

昭和30年代に私大グループの呼び名を

 

合格発表のある3月のMarchにかけて名付けたそうです。

 

 

 

受験においての大学群は、難関大学として「早慶上智」といわれる

 

早稲田大学・慶応義塾大学・上智大学で、

 

GMARCHは、「早慶上智」に準じる関東の大学ということになります。

 

 

 

関西では、GMARCHと同レベルの難易度の大学として

 

関西学院・関西・同志社・立命館「関関同立」と呼ばれています。

 

 

 

「東京六大学」はよく聞きますが、これはあくまで野球の大学群

 

なので、受験においての大学群ではありません。

 

 

ちなみに東大・早稲田・慶応義塾・法政・明治・立教の6校です。

 

 

 

 

他には「成成獨國武明学(せいせいどっこくぶめいがく)」と呼ばれる

 

私立中堅上位大学。

 

成蹊大学・成城大学・獨協大学・國學院大學・

 

武蔵大学・明治学院大学です。

 

 

 

難関国立大学は、「旧帝国大学」と呼ばれる帝国大学令によって

 

設立された大学で、東京大学・京都大学・東北大学・九州大学・

 

北海道大学・大阪大学・名古屋大学です。

 

 

 

模試の判定にこのような大学群の名称が使われていますし、

 

進路指導の講演会などでも「早慶上智が第一志望だったが、

 

GMARCHに進学した」「GMARCHレベルの偏差値」

 

というワードが出てきて、知らないとなんのことだかわからない

 

ということになります。

 

 

 

大学受験生や受験生の保護者も知っておくといいと思います。

 

 

 

GMARCHは、明治大学が志願者数日本一という実績を筆頭に、

 

受験生憧れの大学が多いので、偏差値や倍率の数字だけをみると

 

合格するのは難しく感じるかもしれません。

 

 

 

以前、進路指導の講演会で「信念=憧れ+願望」であり

 

「信念があれば合格できる」という言葉を聞きました。

 

 

 

なにより、その学校に行きたいという信念だと思います。

 

GMARCHの中でも、学校の雰囲気や特色は様々です。

 

オープンキャンパスに参加してそのキャンパスに

 

自分がいることが想像できるかは、

 

受験勉強のやる気を出すために重要です。

 

 

 

それは憧れや願望につながるので、学校見学は必要です。

 

 

 

GMARCHを受験するにしても他の大学にしても、

 

自分に合う大学を見つけることが第一歩です。


TOPへ