専願入試で受験してワンランク上の学校を狙おう

 

 

 

 

 

専願入試とは、私立中学・高校・大学で行なわれている

 

入試形態のひとつです。

 

 

 

専願入試の受験者は、合格した場合はこの学校に入学するという

 

確約を願書提出の際にしなければなりません。

 

 

 

確約の代わりに選抜過程において点数面などで優遇措置

 

取られることが多いため、合格の近道になります。

 

 

受験する学校側としても、入学する生徒を早くに確保できるのです。

 

 

 

専願入試で合格した受験生が入学を辞退することは

 

基本的に認められていません。

 

 

 

第一希望の学校なら、専願入試は有利です。

 

自分のレベルより少し高めの学校でも合格できる可能性が広がります。

 

内申点や専願入試での点数がよほど悪くなければ、

 

合格できると思います。

 

 

 

それに受験が一般入試より早く行なわれるので、

 

合格後は余裕で過せます。(課題はたくさん出ますが)

 

 

費用面では、他の学校を受験しないので受験料も1校分で済みます。

 

 

 

専願入試で受験する学校にコースや学科がある場合、

 

回し合格があります。

 

希望したコースや科ではなく、別のコースや学科に合格するというものです。

 

 

 

気をつけなければならないのは、専願入試で希望の学科を受験し、

 

回し合格で別の学科に合格した時です。

 

合格した学科では欲しい資格が取れなかったり、

 

まったく興味のない学科だったりしても専願入試で確約しているため、

 

受験し直しが出来ません。

 

 

 

しかし、学校によっては第2希望のコースや学科で合格した場合は

 

専願入試扱いにならない事もあります。

 

 

 

そのようなこともよく調べた上で理解し、

 

専願入試で受験することをお勧めします。


TOPへ