公立中高一貫校受験は塾に行かなくてもチャンスあり?

 

 

 

 

 

 

最近は私立中高一貫受験校への受験と同じように、
公立中高一貫校への受験も人気が集中しています。

 

 

 

 

特に最近では公立中高一貫校からの東大合格人数が
どんどん増えていることもあります。
もちろん私立より学費も安いということも魅力です。

 

 

 

 

そして何と言っても、試験内容が塾に行かないと
分らないというような難解なものではないので、
塾に行ってない子どもでも合格のチャンスがあるのです。

 

 

 

 

私立中高一貫受験校の試験は、どんなに学校の勉強を
しっかりしていても、塾に行かなければ絶対に分らない
問題が出ますが公立中高一貫校は違います。

 

 

 

 

しかし、最近では私立中高一貫受験塾の子どもも
たくさん公立中高一貫受験に成功していることから、
私立中高一貫受験勉強をしている子どもは、公立中高
一貫受験にも強いということが分ってきました。

 

 

 

 

こうなるとやっぱり勉強に対する意欲などの面で、
塾に通っている方が有利ということも言えるように
なってきたのです。

 

 

 

 

もちろん塾に行ってなくてもできる試験問題なので、
塾に行かなくても大丈夫ですが、やはり親のサポートが
大切になります。

 

 

 

 

親がパートなどに出ていて、子どもに勉強を任せると
いうことでは難しそうです。

 

 

 

 

やはり親が徹底的に学校の勉強の分らないところを
フォローし、勉強を一緒にしていくような気持
なければ子どもの受験に対する気持が続かないのでは
ないでしょうか。

 

 

 

 

その辺のことを考えると公立中高一貫校の受験も、
これから塾組がどんどん受けにくるので、自宅組も
大変になるのではないでしょうか。


TOPへ