何校受けられる?国立大学に行きたい!

 

 

 

 

さまざまな日程でさまざまな試験を設定して何校受けら

 

れることのできる私立大学と違い、国立大学狭き門

 

いうイメージを持つ方は少なくありません。

 

 

 

 

いざ国立大学を目指そうと思ってもどんな試験があるの

 

か、何校受けられるのかなど、実際に国立大学を目指し

 

たことのある人でないとピンとこないかもしれません。

 

 

 

 

特に高1、高2生で受験の世界にふれはじめたばかりの

 

方は国立大学を何校受けられるかということに興味があ

 

るのではないでしょうか。

 

チャレンジする回数は多いに越したことはありません。

 

 

 

 

 

実際のところ、国立大学は何校受けられるのでしょうか。

 

国立大学の個別試験には前期日程と後期日程という日程

 

が設定されています。

 

 

 

 

最近よく耳にする中期日程は公立大学のみに認められた

 

制度で、国立大学には適用されていません。

 

 

 

 

そして、国立大学を受験する際は前期日程、後期日程そ

 

れぞれで国立大学一校のみを選んで受験することになり

 

ます。

 

 

 

 

つまり、国立大学を何校受けられるかというと、前期日

 

程・後期日程の2校しか受けられないということになるのです。

 

 

 

 

予備知識がなく何校受けられるのだろうと思っていた方

 

は、少し少ないと感じるかもしれません。何校受けられ

 

ることのできる私立大学へ行った方がいいのではない

 

か?と思う方もいるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

ただ、全国の国立大学ではいわゆる個別試験の他にも推

 

薦入試やAO入試を実施しているところもあります。こ

 

れらは個別試験とは独立していますので、受験方法や何

 

校受けられるかについては個々の国立大学に問い合わせ

 

が必要です。

 

 

 

 

AO入試や推薦入試などの特別な入試は合格した場合、

 

その大学で入学手続きをする必要があるため、複数校の

 

受験が難しくなります。

 

 

 

 

本命の大学でなかった場合、入学辞退をするという方法

 

もありますので頭に入れておきましょう。

 

 

 

国立大学は特別入試も視野に入れる

 

 

これらの特別入試を受験を視野に入れれば、受験できる

 

学校数はぐんと増えます。何校受けられるかについては、

 

先述のとおり、大学に個別に問い合わせてみましょう。

 

 

 

 

国立大学を選ぶ際には自分の実力や、将来の目標などを

 

十分に見据えたうえで吟味する必要があります。何校受

 

けられるかということよりも、自分が行きたい!と思う

 

大学を少数に絞って受験するのが国立大学の特徴でしょう。


TOPへ