いつもと違う親の態度こそが、受験生にはストレスになってしまう!?

 

 

 

 

 

受験生の親はストレスを与えないようにしよう

 

 

 

受験生を持っている親は

 

できるだけストレスを

 

かけないようにすることが大切です。

 

 

 

でも現実には親がストレス

 

かけないようにすればするほど、

 

受験生は逆にストレスを

 

感じてしまうこともあるものです。

 

 

 

のちょっとした言動にも

 

敏感になっている受験生です。

 

 

 

いつもと違う親の態度こそが

 

受験生にはストレスになります

 

 

 

つまり期待されているということが

 

一番のストレスだからなのです。

 

 

 

 

例えば親が受験生に対して、

 

合格してほしいというのはもちろんのことですが、

 

やっぱりその期待を裏切ることが受験生には

 

一番のストレスのようです。

 

 

 

 

だから親の学歴がいいとそれだけで

 

「わたしはちゃんと合格しているよ」

 

ということを表しているようなもの。

 

 

 

 

だから親はそんなことを思っていなくても

 

受験生はそれだけでもプレッシャーになり

 

ストレスになるわけです。

 

 

 

 

本当に受験生はそんないつも考えないことでも

 

すべてが受験に合格、不合格と

 

その部分だけに焦点を当ててしまうようになるのです。

 

 

 

そこでとにかく親が期待を

 

あまりしてないそぶりをすることです。

 

 

 

親が子供の不合格を願うわけはないのですから、

 

少々雑な態度をとってもいいのです。

 

 

 

逆にきめ細かい態度のほうがずっと

 

受験生の心はストレスになっていきます。

 

 

 

ただでさえ勉強というストレスのかかることを

 

しなければならないというストレスと、

 

合格しなければならないというストレス

 

そして親をがっかりさせられないというストレスなど

 

受験生にも計り知れない気持ちがあるのです。


TOPへ