受験生に対する禁句は意外な言葉、「きっと合格できる」

 

 

 

 

 

 

受験生に対する禁句は「きっと合格できる」

 

 

 

受験生には言ってはいけない、

 

つまり禁句があるとよく言います。

 

 

 

例えば「滑る」、「落ちる」なんて言葉は

 

すぐに思いつく禁句ですね。

 

 

 

 

そんな禁句で本当に傷付く、悩むという受験生がいたら

 

それは相当心が苦しんでいることになります。

 

 

 

 

それでも受験生はそれほど落ちること、

 

不合格に対して恐怖を持つものです。

 

 

 

 

禁句を言わないようにするより、

 

受験なんて落ちても人生が

 

そんなに大きく変わるわけない。

 

 

 

これからいくらでもリベンジのチャンスは

 

いくらでもあるということを伝えてあげましょう。

 

 

 

 

よく受験生の家で禁句を言わないように

 

ビクビクしている親がいます。

 

 

 

 

わたしは逆に冗談で禁句を

 

連発できるようになって欲しいと思います

 

 

 

 

受験生もそんな冗談を言う親だからこそ、

 

リラックスして不合格を必要以上に

 

怖がることなく過ごせるわけです。

 

 

 

 

受験は落ちるか受かるかしかありません。

 

そんな禁句を言わないようにすることで

 

親の緊張まで受験生に感じさせてはいけないのです。

 

 

 

 

禁句は逆に「頑張ってね」「きっと合格できる」

 

「合格するためにうんぬん」というような

 

言葉ではないでしょうか。

 

 

 

受験生はこのような禁句の方がずっと苦しいのです

 

 

 

実際によく言われる「滑る」「落ちる」の禁句は

 

結局「不合格したら大変」「不合格なんて許せない」

 

「不合格だったら悲しい」「不合格だったらカッコ悪い」

 

「絶対合格してよ」「合格しなきゃ」

 

という親の気持ちの表れだからです。

 

 

これ以上受験生に対しての禁句がどこにあるでしょう。


TOPへ