受験生の親の心得について、あらためて考えてみた

 

 

 

 

 

 

受験生の親の心得というと、

 

本当に人によって考え方がいろいろです。

 

人によっては毎日の勉強の計画まで

 

一緒に立てて上げるのが親の心得という人もいます。

 

 

 

 

受験生をイライラさせないようにすることが

 

親の心得と考えている人もいます。

 

 

 

 

しかし、結局1人で頑張れなければ何もならず、

 

そんなことばかりしていたら、どんなにいい学校に入っても

 

駄目な子どもになるだけです。

 

 

 

 

まず、受験は親から離れることのできるいいチャンス。

 

1人で孤独と戦う最高の経験でもあるのです。

 

それは逆に言うと親も子離れをすることのできる

 

チャンスなのです。

 

 

 

 

だから、すべて子どもに任せることが

 

親の心得ではないでしょうか

 

 

 

 

本当の親の心得は受験に対してはすべて手を引き、

 

心は逆に寄り添うということが親の心得です。

 

 

 

 

受験に向っている子どもに心を寄り添うというのは、

 

頑張っている受験生を大切に思うことであり、

 

成功のために頑張らせることではありません

 

 

 

 

そして受験の失敗を恐れている受験生に対して、

 

一番の親の心得は受験に成功するより

 

大切なことがあるということを伝えることです。

 

 

 

 

つまり受験なんかより一番大切なのは健康で

 

元気でいることだという基本的で当り前なことを

 

伝えることこそが親の心得なのです。

 

 

 

 

当り前のことのようですが受験と向き合っていると

 

それが一番分らなくなることなのです

 

 

 

 

あとは受験に落ちることを心配するような言動を避け、

 

体の心配を強く全面に感じさせるようにすることも

 

親の心得だと思います。

 

 

 

 

栄養のバランスを考え健康を考えて上げることは

 

もちろん親の心得でもあります。

 

 

 

しかし、このようなことも受験のためではなく、

 

受験に向っている子どもの健康が

 

心配だという気持ちで行なうことです。


TOPへ