受験生は親の言動がとてもうざいと感じます

 

 

 

 

 

受験生 にとってなぜ親はうざいのか

 

 

 

受験生は親の言動がとてもうざいと感じます。

 

でも本当は親の気持ちを知っているはずです。

 

 

 

少しでもは受験生の合格を望んでいます。

 

もちろん、かわいい子どもが合格をして

 

いい学校に行けることを望むのも一般的な親の思いです。

 

 

 

でもそんな親の思いを受験生はとてもうざいのです。

 

うざいということは親の気持ちが分かりすぎるほど

 

分るからなのです。

 

 

 

親が応援してくれても、

 

現実には受験にはあまり左右しません。

 

 

 

受験生は自分の力だけが勝負というところに

 

立たされています。

 

 

 

親の期待も心配も全部受け止めるにはきつすぎるから

 

うざいと思うのです。

 

そこを分らず、こんなに親が心配しているのに

 

うざいと言うなんてと思う親がいたら、

 

それは大間違いです。

 

 

 

受験生の気持ちが理解できないから

 

うざいと言われるのです。

 

 

 

そのことを親は気付くようにならなければ

 

いつまでもうざい親になりつづけてしまいます。

 

 

 

うざいとは受験生の親に対する

 

「もう期待しないでくれ」という叫びなのです。

 

 

 

親は応援をしているつもりでも、

 

受験生にはプレッシャーをかけているだけです。

 

 

 

受験生は親の期待から逃れたいからこそ、

 

うざいという気持ちを持つわけです。

 

 

 

うざいとはうるさい、面倒臭い、かかわるな、

 

という意味です。そのとおり受験生は親に

 

これ以上かかわるなと言いたいのです。

 

 

 

受験に関係なくただ愛して欲しいだけなんです。

 

でも親は受験に「頑張れ」、そして「頑張れなければ

 

愛情だってどうなるか分らないよ」

 

というような不安を与えることもあるのです。

 

 

 

親は受験生にそんなことを思ってなくても

 

そう取られる可能性もあります。

 

 

 

うざいという言葉やうざいという態度が出ていたら、

 

そんふうに受験生は親に感じていると

 

思うようにしましょう。


TOPへ