受験生の親のほとんどは、何らかの悩みを持っています。

 

 

 

 

 

 

受験生の親の悩みって何?

 

 

 

受験生の親のほとんどは

 

何らかの悩みを持っています。

 

 

 

その悩みには受験生である子どもが

 

イライラしているので、

 

それを悩みに思っている受験生の親もいます。

 

 

 

受験生はイライラして機嫌が悪く、

 

ナーバスになって不安や悩みを持ち

 

反抗期のような状態を受験生の親に

 

ぶつけることもあります。

 

 

 

受験生の親としてはいちいち

 

そのような態度に悩みを感じずに、

 

親に甘えている子どもを

 

大きな目で見るようにしましょう。

 

 

 

また受験生の親は子どもに

 

受験を成功してもらいたいという

 

気持ちが強く、それが逆に

 

子どもにプレッシャーや悩みを

 

与えていることもあります。

 

 

 

それが受験生にとっては受験前は

 

とても苦しいことであり、

 

本当にその不安や苦しみ、

 

悩みをどこにもぶつけられずに

 

親にばかりぶつけるのです。

 

 

 

受験生の親はなるべく

 

プレッシャーを与えずに、

 

受験生の苦しみや悩みを少しでも

 

少なくしてあげることが必要です。

 

 

 

それなのに受験生の親はつい

 

「頑張ってね」なんて言ってしまいます。

 

それこそが受験生にとっては

 

悩みを倍増させるような言葉なのです。

 

 

 

受験生の親の「頑張ってね」という言葉は

 

「落ちないでね」という言葉に聞こえるのです。

 

それほどプレッシャーを感じ、

 

悩み、イライラするのです。

 

 

 

受験生の親は受験なんて二の次で

 

大切なのは健康でいてくれることだということを、

 

子どもに伝えるようにすると、

 

受験生の悩みは随分軽くなるはずです。

 

 

 

受験生の親が、子どものイライラを

 

悩みに感じるなら、受験生の悩み、

 

苦しみを少しでもなくして

 

あげるようにしましょう。


TOPへ