受験生への親の対応は適度が大事

 

 

 

受験生への親の対応は適度が大事

 

 

 

受験生を家庭に持つ親の対応は、繊細な神経を必要とす

 

る行動の一つです。

 

受験生は自分の進路を決めるための勉強をしており、常

 

にナーバスな状況が続いているのです。

 

 

 

反応を一つ間違えるだけで、それが大きな失敗を生んで

 

しまうこともあります。

 

 

 

そんな受験生への親の対応は、どのようにするのが良い

 

のでしょうか。

 

 

 

 

まず大事なのは、「過剰な接触をしてはならない」とい

 

うことです。

 

他人への対応は、多少なりとも神経が必要になることが

 

大半です。

 

 

 

 

常にプレッシャーを受けている受験生にとって、「同じ

 

環境にない他人」との会話や対応は、少なからずストレ

 

スになります。

 

ここでいう「他人」というのは、実は親も含まれている

 

のです。

 


Stress / Alan Cleaver

 

 

親は受験生の親で間違いはないのですが、それでも「受

 

験を控えていない人」として映っていることがあります。

 

 

 

 

そんな親の対応は、「他人の対応」として受け取られか

 

ねない、ということです。

 

そこに気が回る人は多くありませんので、留意しておき

 

ましょう。

 

 

 

 

では、親の対応は必要ないのか、というと、そういうわ

 

けでもありません。

 

 

 

 

要所要所で、きちんと「親としての」親の対応が必要が

 

場面も出てきます。

 

あまりに子供が受験生としてのモチベーションを落とし

 

ていて接触を避けている時は、積極的にかかわっていく

 

必要があります。

 

 

 

 

もしくは、子供が自分から親へ「親の対応」を求めては

 

たらきかけてくることもあります。

 

 

 

 

こんな時は見過ごすことなく、きちんと両親が「親の対

 

応」として、受験生である子供に寄り添った対応をして

 

いく必要があります。

 

 

 

前述のように、「受験生への親の対応」は非常にプレッ

 

シャーのかかる仕事です。

 

 

 

 

しかし、こうして緩急をつけた対応をしていけば、受験

 

生本人だけではなく、対応すべき親のプレッシャーも緩

 

和されていくのです。

 

 

 

 

いつでも全力を出した親の対応をしていれば、お互いに

 

いい事がなかったりします。

 

そうした事態を未然に防ぐためにも、タイミングを見極

 

めて受験生の子供へ、親の対応を心がけるようにしまし

 

ょう。

TOPへ