もしかしてうつ?無関係ではない受験とうつ病

受験,うつ病

 

 

 

 

もしかしてうつ?無関係ではない

 

受験とうつ病

 

 

 

受験を控えているのになぜか無気力だったり、集中力が

 

落ちていたりする。もしかしたら自分は怠けているのか

 

もしれないと自分を追い詰める。そんな症状に当てはま

 

る受験生はもしかしたらうつ病の症状が出ているのかも

 

しれません。

 

 

 

 

 

受験とうつ病は無関係ではありません。家族や先生から

 

の期待に応えて受験に臨まなければならない、定期的な

 

模試や長時間の勉強をしなければならないという、精神

 

的・肉体的ストレスにさらされ続ける受験はうつ病を発

 

しやすい環境に置かれているといえます。

 

 

 

 

 

・うつ病と抑うつ状態

 

 

 

抑うつ状態という言葉を聞いたことはありませんか?こ

 

れはうつ病ではなく、別の病気から引き起こされるうつ

 

病に似た状態、もしくはうつ病ではないが、軽度のうつ

 

の症状が出ている状態のことを言います。

 

 

 

 

たとえば受験への不安や、模試の順位が下がったとき、

 

一時的に気分が落ち込んだり、やる気がなくなったりと

 

いう症状はこの抑うつ状態に当てはまります。

 

 

 

 

受験への不安などで何も考えられなかったり、勉強が手

 

につかない、悲しくもないのに勝手に涙が出てしまうな

 

どの症状が二週間以上続いた場合、初期のうつ病の可能

 

性があります。

 

 

 

 

 

・うつ病の症状

 

 

 

うつ病の症状はさまざまですが、大きく心と体の症状に

 

分れます。

 

 

 

たとえば受験勉強だけでなく、今まで好きだった漫画や

 

ゲームにも手が伸びない、今まであった集中力がなくな

 

り、受験勉強に集中できない、イライラして家族にあた

 

ってしまう、今すぐ消えてなくなりたいと思うなどが心

 

の症状です。

 

 

 

 

体の症状としては夜眠れない、なにを食べてもおいしい

 

と感じない、肩や首の凝りがひどい、頭が重い・頭が

 

ぼーっとする、ノドの奥が詰まった感じがするなどが代

 

表的なものでしょうか。

 

 

 

 

これらが継続的に出ているのはうつ病のサインかもしれ

 

ません。気になる方はネットのうつ病チェックなどをし

 

てみましょう。

 

 

 

 

とはいえ、素人判断は危険です。上記の症状を読んで、

 

自分がうつ病かもしれないと思ったら、専門医にかかり

 

ましょう。薬やカウンセリング、そして日々の生活を少

 

し変えることで辛い症状から抜け出すことができます。

 

 

 

 

 

受験を前に不安なことも多いと思いませんが、少しの勇

 

気を出すことで、元気になれる可能性はあるのです。

 

心身ともに健康な状態で受験に挑みましょう。


TOPへ